お知らせ

墓って本当に必要?墓の必要性についてご紹介いたします!

「地元に墓を建てると墓参りを子供が面倒臭がるから、墓いらないかも…」
「墓参りしないで済む方法はないのかな…?」
このように墓についてお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そして、費用や時間を要してしまうために墓の必要性について懐疑的になってしまう方も今日では多く存在しています。
そこで今回は、墓についてお悩みや疑問をお持ちの方に向けて、墓の必要性と遠方の方が墓参りできない場合の対策についてご紹介します。

□墓の必要性

昔から、先祖の死後の住処として墓の存在は重要視されてきました。
先祖へ感謝を捧げるとともに対話をする場所としての墓が存在しています。
それに加えて、法事の際に親族が集まる場所としての役割もあります。
しかしながら今日では、墓を作る費用や墓参りに行く時間を割くために墓の必要性に懐疑的な方も増えています。
一方で、墓参りを行う慣習を後世に残したいと考える人もいるかもしれません。
そのためには時間や費用と墓を作ることの兼ね合いを考え、墓の必要性について認識することが大切です。

□墓と時間や費用との兼ね合い

今日において墓の必要性に懐疑的になる理由の一つとして、遠方であるために時間と費用を割くことが難しいことがあります。
その対策を考えることで、この悩みを解決できます。

*対策1:永代供養

永代供養とは、墓参りで行う管理や掃除を霊園や寺院に費用を払って、代わりに行ってもらうものです。
永代供養のサービスは、永久に渡るもののではなく実際には期限が定まっています。
その期間は、霊園や寺院によって異なる定められた回忌数までです。
多くの霊園や寺院は期限を迎えた後に合同の供養墓へと移すので、不安を覚える必要はありません。

*対策2:墓参りの代行

墓参りの代行は、永代供養と同様のサービスを業者に行ってもらうものです。
永代供養が一定期間の依頼であるのに対して、墓参りの代行は自らの希望する日程で行います。
そのため、費用の面では非常に永代供養よりも低く抑えられます。
そして、毎年墓参りをしているが今年のみ困難である場合に非常に有効です。
つまり、自らの都合に柔軟に合わせて行っていただきやすいサービスです。

*対策3:手元供養

手元供養とは、自宅で故人の遺骨・遺灰の管理を行うものです。
かさむ墓石の製作費や管理費を抑えるための手段として今日では非常に注目されております。
また、遠方への墓参りを行う必要がないことや手短に供養できることもその特徴です。

□まとめ

今回は、墓の必要性と遠方の方が墓参りできない場合の対策についてお話しいたしました。
今日の墓の必要性を軽視は、その理由に着目して対策を練ることで解決を図れます。
万が一、遠方であるために墓参りが難しい場合は、永代供養や代行サービス、そして手元供養を考えてみてはいかがでしょうか。