お知らせ

墓の引っ越しにかかる期間と費用について徹底解説いたします!

「遠いからお墓参りできていないけど、どうにかできないのかな…?」
「お墓の引っ越しの費用と期間はいったいどれくらいなのかな…?」
今日では、墓が遠方にあるので近くに移したいという声をよく耳にします。
しかしながら、それに必要な期間や費用について、あまり知られていません。
今回は、墓の引っ越しにかかる期間と費用についてお話しいたします。

□墓の引っ越しとは

墓の引っ越しは、「改葬」とも呼ばれます。
今日ではそのニーズが非常に高まっています。
墓のある故郷を離れて都会へ住む人が増加していることや、高齢であるために頻繁に墓参りのために遠出できない方が増加していることがその理由です。

□改葬にかかる期間と手順

改葬は3ヶ月から6ヶ月程度の時間を要します。
引っ越し先の墓の製作に必要な日数や法要の日程調整、必要な法的手続きを含めての期間です。
また、改葬には一定の手順が存在します。

*その1:引っ越し先の墓地探し

この段階では、引っ越し先の墓の管理人から「受入証明書」を発行してもらう必要があります。

*その2:改葬の申請

もともと墓地がある自治体に改葬を申請する必要があります。
ここでは、記入した「改葬許可申請書」と共に「受入証明書」と「埋葬証明書」を提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。
なお、「埋葬証明書」はもともと墓が建っていた墓地の管理者から発行されます。

*その3:遺骨の取り出し

「改葬許可証」をもとに、閉眼供養を行った後に遺骨を取り出します。
そして、引っ越し先の墓へ移します。

*その4:改葬先への納骨

この段階では「改葬許可証」をもとに、開眼供養を行ったのちに新たな墓へ納骨を行います。

□改葬にかかる費用

改葬にかかる費用は、平均で300万円と言われています。
元々墓をおいていた場所では、墓石の処分と供養、そして離檀料で50万円程の費用がかかります。
墓の移動の際も、運搬費で30万円、新しい墓を作る場合はその製作費に100万円〜300万円程かかります。
そして、改装先にて永代使用料が発生します。
永代使用料は、霊園によって異なるので複数の霊園を比較してみるのも費用を抑えるための一つの手段です。

□まとめ

今回は、墓の引っ越しにかかる期間と費用についてご紹介しました。
墓の引っ越しには定まった手順があり、平均的な相場があります。
墓の引っ越しに関する悩みは、あらかじめ手順や費用を明確にすることで解消されることもあります。
今回の記事を参考に、シミュレーションを行ってみてはいかがでしょうか。