お知らせ

生前?死後?墓を購入する時期ごとの違いを徹底解説!

「自分が死んだ後に家族への負担は小さくしたいけどどうすればいいの…?」
「購入するタイミングが異なることで、何か自分に不利なことがあるの…?」
墓を「買う」時期には、「生前」と「死後」で費用の違いが出てきます。
今回は、墓を買う時期が異なることで発生や消滅する費用の違いについてご紹介します。

□「生前」の購入と「死後」の購入の違い

「生前」の購入と「死後」の購入では、費用に関する違いが3つあります。

*その1:相続税の軽減

今日の相続に関する法律では、財産としての仏具や墓石への相続税は課されないと定められております。
よって、生前に自らの墓を用意しておくことで死後の家族へ相続する財産が減ることを防げます。
万が一「自分の死後に、墓石を作ってもらうための費用を子供に残しておこう。」とお考えの場合、それはあまり得策ではありません。
墓石の費用を残すように相続に向けて現金を残すことで、自らの死後に発生する相続税の額が大きくなからです。
また墓石や仏具に金やプラチナを利用すると、投機や投資と判断され、相続税の対象となる場合があるので素材について注意を払うことも大切です。

*その2:購入の際の税金

「生前」に墓を買うことで軽減できる税金は、相続税だけではありません。
墓地の購入で実際に手に入れるのは永代使用権です。
したがって、所有権を買うことではないので、不動産取得税や固定資産税を課されません。
しかしながら、購入時に発生する消費税は課されます。

*その3:遺族の負担の軽減

「生前」に墓を買うことで、自らの死後を希望通りにできます。
環境や立地、墓の形態を決めるのは自分自身です。
反対に、「死後」に後回しにすることで遺族が考えて決めなければなりません。
そして、「死後」に墓を買う際に費用の負担をするのも遺族です。
相続税の課税によって減った相続分から費用を負担するよりも、予め自らで決めることで家族の負担を十分に軽減できます。
墓を「死後」に買うことのメリットは、一般的には「無い」と考えられております。
そして、墓を「死後」に買うことによるデメリットは「生前」に墓を買うことの裏返しです。
どうしても墓の購入を「死後」にするならば、生前に買う際の希望を予め伝えてみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回は、「費用」の観点から墓を購入する時期の違いについてお話しいたしました。
自らの死後を、生きている間に決めておく「終活」が流行している昨今、「生前」に墓を買うことのメリットは非常に大きいものです。
墓の購入はお金がかかるものですが、ローンで払える場合もあります。
家族への負担を減らしたいとお考えの方は、「生前」と「死後」での費用負担について、この記事を参考にしていただければ幸いです。