お知らせ

墓の場所はどうすれば…?選び方のポイントを紹介いたします!

「自分は海が好きだから海の近くがいいな!」「お墓の場所は立地の良い場所がいい!」のように、お墓の場所についてお考えの方は多くいらしゃいます。
しかしながら、どのようにしてお墓の場所を選ぶべきか戸惑ってしましやすいほどに多様性に満ちております。
今回は、そのような方へ向けてお墓の場所の選び方のポイントについてお話しいたします。

□選び方のポイント

お墓の場所の選ぶ際には、主として3つのポイントを考慮することが大切です。

*その1:お墓の形態・宗教

お墓の形態は、「寺院墓地」「公営霊園」「民間霊園」の三つに分けられます。
「寺院墓地」は、寺の敷地内に所在する墓地です。
寺院墓地にお墓を置くためには、「檀家」であることを条件とする場合が多くあります。
「檀家」については、次の項目でお話しいたします。
「公営霊園」は、都道府県や市町村である自治体が運営する墓地です。
公営霊園にお墓を置くためには、自治体によって行われる募集に応募をした上で当選する必要があります。
「民間霊園」は、宗教法人や公益法人が運営する墓地です。
民間霊園にお墓を置くために必要な条件は特に存在しません。
空きがあれば年間を通して募集しているので、自らの希望に合わせて選択する必要があります。

*その2:宗教・宗派

前項では「寺院墓地」では「檀家」を条件として課される場合があることをお話しいたしました。
寺院にお布施を行うことで、「檀家」としてその家が所属を認められるのを「檀家制度」と呼びます。
このように、「寺院墓地」では所属する寺院ごとの宗教や宗派による制約があります。
その一方で「民間霊園」や「公営霊園」は、現代の宗教に対する意識の変化に伴い、様々なニーズ応えるために成立したものです。
したがって、宗教や宗派による制約はなく、自由に選ぶことができます。

*その3:設備・管理

墓地・霊園の設備では、ご遺族が集まるための集会所や駐車場があると非常に便利です。
また、長期に渡ってお世話になるので、清掃や相談のような墓地・霊園の管理体制を確認することも大切です。

*その4:立地・環境

立地はお墓参りを前提として考えることが大切です。
交通の便が悪い場所の場合、お墓参りの頻度が下がってしまう恐れがあります。
また、環境の面では生前に個人が好んでいた環境を選ぶ手段もあれば、閑静な環境下でのお墓参りのような遺族の希望に沿った環境を選ぶことができます。

□まとめ

今回は、お墓の場所の選び方についてお話しいたしました。
運営元を把握した上で条件を絞り、実際に墓地・霊園を見に行くことで場所が決めやすくなります。
この記事が読者様の墓の場所を選ぶ際の参考になれば幸いです。