お知らせ

終活を始める方必見|生前整理の必要性をご紹介します

終活を始めようとお考えの方の中には生前整理という言葉を耳にしたことがある方が多いのではないでしょうか。
しかし、「生前整理ってよくわからない」、「生前整理について詳しく知りたい」といった方も多くいます。
終活を始めようとお考えであれば、生前整理をしておくべき理由について知っておく必要があります。
そこで今回は生前整理の必要性についてご紹介します。

□生前整理とは

自身が生きているうちにその人の財産、資産を整理することです。
遺言書やエンディングノート、財産目録をつくることが挙げられます。
間違えられすい「遺品整理」は、人が亡くなった後に遺された家族が、故人の生前に使用していた財産や資産を整理することです。
1388970_R

□必要性について

では、どうして生前整理をする必要があるのでしょうか?
重要性がよくわかる例について、いくつかご紹介します

*トラブルを避けるため

人が亡くなった後は、相続問題や家族の間でのトラブルが起こることが多いです。
具体的には、遺言書がないことによる、お金や土地を含めた遺産相続の際に起こるトラブルがあります。
亡くなる前に準備をしておかないと、親族同士の関係にひびが入る可能性があります。
このようなトラブルを未然に防ぐためにも、生きている今のうちに生前整理をする必要があるのです。

*遺された家族のため

生前整理を行うことによって、自身が死んだ後に家族にかかる迷惑を減らすことができます。
もしも、準備を何もしないまま亡くなってしまうと、膨大な数の遺品を片付けることになるので遺された家族に非常にすべての負担がかかることになりますね。
そういった事態を避けるために、モノを減らしておく、遺書を書いておくといった生前整理をしておくことが必要になります。

*自分のため

生前整理は、遺された家族だけでなく、自分自身のためでもあります。
理由としては、自分の人生を見直すことができるからです。
自分の人生を見直すことによって、これまで関わってきた人たちへの気持ち、財産や資産の問題をはっきりとさせられることでしょう。
そして、限られた時間の中で本当にやりたいことに時間と労力を割くことができます。
亡くなるまでの自分の人生を充実したものにするためにも生前整理をしておきましょう。

□まとめ

今回の記事では、生前整理の詳しい内容から重要性までご紹介しました。
生前整理をすることは家族、そして、自分のためにも必要であることがわかりました。
終活を始める方は、できるところから早いうちに生前整理に取り掛かりましょう。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。