お知らせ

終活を始める方必見|終活の必要性について解説します

ここ最近、終活をする方は増えてきていますよね
終活に興味を持ち始めた方の中で、
「終活について知りたい」、「終活ってどうして必要なのか知りたい」
といった方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は、終活の内容と終活の必要性を解説していきます。

□終活とは

終活は人生の最期を迎えるための様々な準備のことです。
「終活」という言葉は約10年前にできた言葉です。
終活をする人が増え始めた背景には、少子高齢化によって親の老後の世話や死後の手続きをする世代の人が減ってきていて、その人たちの負担を少なくしようということがあります。
こういった背景から、現代の高齢者はできるだけ家族や周りの人に迷惑をかけないで最期を迎えようとしている人が多いのです。
終活では、具体的に遺言書、エンディングノートを書くことや生前整理をすることが挙げられます。
ただ、終活には明確な定義はないので、人それぞれの形があります。

□終活の必要性

終活について少し理解が深まったところで、終活の必要性について解説します。

*トラブルを防ぐため

終活をしていない状態で亡くなってしまうと、親族間でトラブルが起こりやすくなります。
主に財産や不動産などの遺産相続でトラブルが発生します。
そういったトラブルを未然に防ぐためにも、遺言書とエンディングノートを書くなどの終活をしておく必要があります。

*家族や知人のため

終活をしておくことは、家族や知人のためにも必要です。
終活をしていないと、自分の希望や思いが伝わらないので、遺された人たちは何をどうしたらいいのか悩むことになってしまうことや、遺品を整理する際に膨大な数の遺品を整理シなければならないので、非常に手間がかかってしまいます。
終活をしておくことで自分の希望や思いを伝えることもできます。
また、終活の1つである生前整理を行うことによって、遺品の整理をする側にとって負担が少なくなります。
遺された人たちのためにも終活をしておきましょう。

*何よりも自分のため

終活が必要な一番の理由は自分の人生をより良いものにするためです。
自分の思いを伝えておくことで将来の不安を減らすことができます。
また、終活は人生を見直すきっかけにもなります。
今までの人生でやり残したこと、最期までにやっておかないといけないことが分かるようになります。

□まとめ

今回は、終活の必要性について解説しました。
家族や知人のため、そして自分のためにも終活を始めてみてはいかがでしょうか?
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。