お知らせ

【終活】エンディングノートと遺言書の違いとは?

終活を始めている方の中で、エンディングノートと遺言書の違いについて知っている方はいらっしゃいますか?
聞いたことはあっても、具体的な違いや特徴について知らない方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、エンディングノートと遺言書の違いについて解説します。

□エンディングノートとは

エンディングノートとは、主に高齢者が、いつか迎える死に備えて、自分の希望や思いを家族や知人に向けて書き記したノートのことです。
最近は中年の方が書くケースも多くなっています。
基本的には自分の名前、生年月日、住所、マイナンバーなどの個人情報を基本事項として書きます。
他には、銀行名や口座番号などの預貯金、有価証券や不動産などの資産、借金やローンなどのお金に関する内容から、延命治療、臓器提供をするか否かについても書きます。

□遺言書とは

遺言書は故人が生前に自らの死後を考えて、家族や知人に遺した文章や言葉のことです。
もしも、遺言書を書いていなかったら、相続をする際に、親族間でトラブルが起こる可能性があります。
内容は主に相続について書きます。
相続人の指定や資産の取り分、後見人の指定などが挙げられます。
遺言書には普通方式遺言と特別方式遺言がありますが、一般的には普通方式遺言を選択することが多いです。

□両者の違いとは

エンディングノートと遺言書はそれぞれに似たような内容を書いているようにも見えます。
では具体的にどういった点が違うのでしょうか?

*法的効力

書き方によって変わってきますが、基本的にエンディングノートには法的効力がありません。
つまり、書いてあることに法的拘束力がなく、それに従う必要はありません。
一方、遺言書は法的効力があるので書いてある内容に従って相続などを行います。

*内容の自由度

エンディングノートは書く内容を自由に決めることができますが、遺言書は書く内容が制限されています。
遺言書は基本的に相続に関連することしか書くことができないので注意しましょう。

*かかるお金

エンディングノートを書く際に使用するノートは、市販で売られているものでも大丈夫なので安く済みます。
しかし、遺言書は印鑑証明書や住民票などの正式な書類が必要なので、費用が高くなってしまいます。
手数料も必要なので注意が必要です。

□まとめ

今回はエンディングノートと遺言書の違いについて解説しました。
両者の違いを理解して、終活を始めていきましょう。
この記事が終活の手助けになれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。