お知らせ

平成

4月30日に平成が終わり、5月1日から新しい元号となります。
新しい元号が、どのようなものになるか、興味深いです。

過去の元号については、
明治「聖人が南面で天下を聴けば、明るい方向に治まる」
大正「君主(天皇)が、国民の意見を喜んで聞き入れるなら、政治は正しく行われる」
昭和「百姓(国民)が徳を明らかにすると、萬邦(世界中)が仲良くなる」
平成「国の内外、天地(宇宙、世界)の平和が達成される」
との意味があるそうです。

元号の条件については、
「国民の理想としてふさわしい、よい意味を持つ」
「漢字2文字である」
「書きやすい」
「読みやすい」
「これまでに元号として、用いられたものではない」
「俗用されているものではない」
だと言うことです。

個人的には、いつかやろうと思いながらも、先延ばしになっている事を、なんとか平成のうちにやり遂げようと思っています。
何かにつけて、平成最後の○○と名を打ち、ひとつひとつ完結して行こうと思います。