お知らせ

子供がおらず墓の後継者のいない場合の解決策とは?

お墓を守ってくれる親戚や子どもがいない時、どうしますか?
最近では子供がいないため自分が親のお墓に入ったら、管理をする人がおらず、身内にも頼める人がいないという人も増加しています。
そこで今回は自分の死後、墓を管理する後継者がいない場合の解決策についてご紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

□墓じまいの方法

墓じまいとは現在のお墓を撤去して新しい場所に遺骨を移動させることです。
自分の死後にお墓の管理をする後継者がいない時は、墓じまいをして他の場所に遺骨を移動させなければいけません。
墓じまいをする前に親戚と話し合って許可を取るようにしましょう。
ご先祖様のお墓はその親戚にとっての心の拠り所となっているため、勝手に墓じまいをしてしまうと親戚と揉める原因になりかねません。
墓じまいをするには墓地の管理者にその旨を伝えて、申請手続きを行います。
その後、石材店に依頼をして墓じまいの作業を行います。

□墓じまいをした後の遺骨の納め先

墓じまいをした後は遺骨を他の場所に納め先として以下の方法が挙げられます。

*永代供養墓

永代供養とは故人の遺骨の供養や管理をお寺や霊園が行うことです。
一口に永代供養といっても他の人の遺骨と一緒に納骨する共同墓や、個別に遺骨を管理、供養してくれるものもあります。
高齢化やライフスタイルの変化によって永代供養を選ぶ方は増えています。
永代供養といっても依頼先によってどのくらいの期間供養してくれるのかなどは異なりますのでしっかり確認しておきましょう。

*散骨

散骨とは遺骨を粉末状にして散骨場や遠洋の海で撒く供養方法です。
所有者の許可を得ることができれば山などでも散骨をすることができますが、市町村によっては散骨自体を条例で禁止している場所もあるので確認しておく必要があります。
特に北海道や伊豆などでは条例で厳しく決められており、違反すると罰金を払うことになります。
自分で行うのが不安な方は散骨を行ってくれる専門業者もいますので気になる方はチェックしてみてください。

□まとめ

今回は自分の死後、墓を管理する後継者がいない時の解決策についてご紹介してきました。
後継者がいない場合は墓じまいをして永代供養墓や散骨などの供養を行うという方法がありましたね。
この方法で供養することで自分の死後にお墓の管理をする人がいなくても安心できます。
現在お墓の後継者がいなくて悩んでいるという方はぜひお役立てください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。