お知らせ

先祖供養を終わらせる墓じまいの方法とは?

最近では墓じまいをする人が増えてきました。
経済的負担が原因というだけでなく、墓守をする承継者が途絶えてしまうことが理由となることも多いです。
先祖供養を終わらせるために墓じまいをしたいという場合、その方法を知っておく必要があります。
お墓の中には遺骨がありますが、誰の遺骨がいくつあるのかということを確認しておきます。
経過した年数や破損などの状態、火葬してあるかどうかなども確認しましょう。

□取り出した遺骨はどうするの?

取り出した遺骨は納骨堂や永代供養、散骨、手元供養などで供養することになります。
実は親戚同士の争いが起こってしまうことも多いため、親族としっかり話し合って納得できる供養先を見つけるようにしましょう。
手続きをする前に祭祀承継権の確認をし、親族の理解をしっかり得ておく必要があります。
お墓や遺骨に関する権限は祭祀承継者が全て持つことになります。
祭祀承継権は遺族全員である必要はなく、話し合いなどで承継権を持つ人を決めていきます。

□墓じまいには連絡が必要

次に現在の墓地管理者に墓じまいをすることを伝えることになります。
墓地はお寺や霊園などにあるため、電話などで連絡しましょう。
専用の書類が用意されていることもあるため、ホームページで確認しておけば便利です。
厳格なお寺などでは高額な料金を請求されることもありますが、ほとんどの場合は問題なく受け入れてくれるでしょう。
しかし、お寺も経済事情が絡むため、金銭面の話し合いは必要となります。

□改葬許可申請

遺骨を新しいお墓や納骨堂に移動させる場合、改葬許可申請が必要です。
受入証明書を発行してもらい、墓地を管轄する市区町村で手続きを行いましょう。
その申請書を現在のお寺に提出すると墓じまいの準備ができます。
散骨や手元供養の場合は新しいお墓はないため、改葬手続申請は必要ありません。
お寺や霊園にその旨を伝えて遺骨を引き取りましょう。

□墓石屋に依頼

お墓を撤去するためには墓石屋に依頼する必要があります。
自身で業者を決めても良いですが、敷地の狭いお寺などは業者が決まっていることもあります。
墓地が狭くクレーン車が横付けできない場合や小型の重機が入れない場合は人件費が高くなります。
複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。

□最後に

お墓の中にあった遺骨はいろいろな処置が必要となります。
湿気を含み溶解していたり、カビが生えていることもあるため、新しい骨壺に入れ替える必要などがあるでしょう。
合祀の場合は処理は不要ですが、散骨の場合は遺骨を粉状にすることになります。
また、遺骨を火葬していない場合、取り出した遺骨を自宅などで一度保管し、市役所に申請をしてから再火葬を行います。