お知らせ

必見!供養の本当の意味や由来についてご紹介します

皆さんは「供養」という言葉の意味や由来についてご存知ですか?
普段無意識にこの言葉を使っていても、正しい意味や由来までは知らない方もいるのではないでしょうか。
正しい意味を知ることで、今後供養をする際により想いが込められるはずです。
そこで今回は供養という言葉の意味や由来についてご説明していきます。

□供養の意味と由来

供養とは古代インドの宗教など多くの分野で使われた言語であるサンスクリット語の「プージャー」という言葉の訳であり、それが由来となっています。
死者の冥福を祈って法会を営むことや、仏、菩薩、諸天などに対してお香や華、燈明、飲食のお供えを心の底からささげることを意味しています。
また、漢字で分けて考えると「供」には両手をそろえて謹んで、ものをささげ持つという意味があり、「養」は子どもが父母の飲食を調達して差し上げるということを表しています。

□一般的に用いられる供養の意味

一般的によく用いられる死者に対しての供養は「追善供養」と呼ばれるものです。
追善とは、故人の冥福を祈るために、生きている人が後から善行を積むことを表しています。
また、供養とは上で述べた通り、故人の霊に物を供えて祀ることです。
この2つの言葉が合わさって、追善供養という言葉が生まれたとされています。
追善供養は死者が亡くなった後に行われる四十九日までの法要や年忌が含まれます。
また法要以外にも毎日お仏壇で手を合わせたり、水やお米をお供えすることも追善供養になります。
命日には、お仏壇を綺麗に掃除して、故人の好きな食べ物をお供えしましょう。

□さまざまな供養について

仏像や人以外にもペットである動物に対する供養や、人形や写真、おもちゃなどの物品に対する供養も存在します。
これはすべてのものの中には魂が宿っているという考え方に由来しており、例えば人形の場合は「人形供養」と呼ばれお寺で供養できます。
また、供養の方法も永代供養や手元供養などがあり、供養の対象となるものや方法が幅広くなってきているといえます。
大切なものを供養したい場合は、ご自身に合った方法で供養してくださいね。

□まとめ

今回は供養という言葉の意味や由来についてご紹介してきました。
供養の意味は仏や諸天にお供えをすることや死者に対して法要をすることで、サンスクリット語の「プージャー」が由来でしたね。
供養の言葉の意味について初めて知った方は是非参考にしてみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。