SHIN®

永代供養のメリットとデメリットについてのご紹介

皆さんは永代供養についてどれくらいご存知ですか。
近年よく耳にするようになり、関心を持っている人も少なくないでしょう。
永代供養といってもさまざまなメリットがあります。
しかし、人によってはデメリットに感じることもあります。
そこで今回は永代供養の様々なメリット・デメリットをご紹介していきます。
現在ご検討中の方や、今後利用するかもしれない方は是非参考にしてみてください。

□永代供養とは

そもそも永代供養とは、故人の遺骨の供養や管理をお寺や霊園が行うことです。
核家族化の進行や少子高齢化、ライフスタイルの変化などによってお墓参りができず、無縁仏になってしまうことを避けるために選ぶ人が多くなってきています。
そして一口に永代供養といってもさまざまな種類があります。
例えば他の人の遺骨と一緒に納骨される合祀型や、個別に遺骨を管理、供養してくれるものもあります。

□メリット

*管理面

一番大きいのは、お墓の供養や管理をお寺や霊園が代わりにやってくれるということでしょう。
残された家族がお墓の管理をするのは大変な労力がかかりますので大きなメリットといえます。

*交通面

永代供養施設は都市部や交通の便が良い場合が多いです。

*費用面

費用面でも永代供養の方が安いことが、多いのです。
従来のお墓では200万円程度が相場と言われていますが、最初から合祀墓でいくと約5万円~30万円が相場ですのでかなり安いといえるでしょう。
これは墓石よりも一人当たりの占有スペースが狭いこと、また個人の墓石を立てる費用が不要であることが理由として挙げられます。
ただ、永代供養でもものによっては従来のお墓と同じくらい費用がかかる場合もあります。

□デメリット

デメリットは、他の人の遺骨と一緒に納骨される合祀墓に一度入れられると、遺骨を取り出すことができないことです。
また、毎日供養してくれるお寺もあれば、お盆やお彼岸の時だけ供養するお寺もあるので、事前に確認する必要があります。

□まとめ

今回は永代供養をお考えの方に、メリット・デメリットをご紹介してきました。
永代供養にすることで、管理面や費用面でのメリットがありましたが、一方で一度合祀墓に遺骨を入れると取り出すことができないことなどのデメリットもありましたね。
また永代供養以外にも散骨や手元供養の供養方法もあります。
ご家族で話しあったり故人の気持ちを考えながら、皆さんが納得できる供養の方法をお探しください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。