SHIN®

永代供養をする場合にかかる費用の相場とは?

皆さんは永代供養をご存知でしょうか。
今回は永代供養とは一体何を意味するのか、そして永代供養にかかる費用はどれくらいで、従来のお墓とはどの程度違うのかをお話をしていきます。
永代供養をお考えの方は是非参考にしてみてください。

 

□永代供養とは

永代供養とは、故人の遺骨の供養や管理を、お寺や霊園が行うことです。
核家族化の進行や少子高齢化、ライフスタイルの変化などによってお墓の継承者がいなくなり、無縁仏になることを避けるために永代供養をする人が増えています。

 

□永代使用料とは

永代使用料とは簡単に言うと、墓地の土地を使うための使用料のことです。
一度永代使用料を支払うと、ずっとその場所を使うことができます。
次に永代供養と永代使用料の費用の相場についてみていきましょう。

 

□永代供養の相場

永代供養の費用の相場はズバリ約5万円~150万円と言われています。
随分と幅広いですが、それには理由があります。
永代供養にはいくつかの種類があり、それによって価格帯が変わってくるからです。
ここでは種類ごとの相場を見ていきましょう。

*合祀墓

合祀墓とは、故人の遺骨を他の人の遺骨と一緒に納骨する方法です。
他の人の遺骨とまとめて供養、管理されるため他と比べると安いものが多く、費用相場は5万円~30万円程度となっております。

*納骨堂

屋内の永代供養施設などに遺骨を納骨する方法です。
最も安いのはロッカー型で10万円から、仏壇形式となると数十万円から100万円程度になります。

*個人墓

個人墓とは一旦墓に納骨してから、決まった期間が経過した後に合祀墓に移される方法です。
価格帯は70万円~150万円になります。

 

□永代使用料の相場

永代使用料の全国平均は77万円程度です。
さらに、ここに墓石の値段も入れると約200万円が相場になります。

 

□永代供養は従来のお墓よりも安いのか

従来のお墓では200万円程度ですが、最初から合祀墓にすると約5万円~30万円になるので、かなり安いといえるでしょう。
これは墓石よりも一人当たりの占有スペースが狭いこと、また個人の墓石を立てる費用が不要であることが理由として挙げられます。
ただ永代供養でも、ものによっては従来のお墓と同じくらい費用が掛かる場合もあります。

 

□まとめ

今回は永代供養と永代使用料の費用の相場についてお話ししてきました。
永代供養の中でも種類は様々で費用も変わってきます。
さまざまな供養の種類がありますが、どれも大切な故人に想いを寄せ供養する気持ちは同じです。
ご遺族で話し合ったり故人の気持ちを考えて、皆さんが納得できる供養の方法をお探しください。