お知らせ

さまざまな供養の方法や種類の比較についてご紹介します

皆さんは大切な故人や先祖を供養する際、どのような方法をとっていますか?
今までは墓石を立てて手を合わせる供養が多かったのですが、ライフスタイルの変化や価値観の多様化により、現在では様々な供養のやり方があります。
そこで今回は、皆さんにどんな供養の種類や方法があるのかご紹介していきます。

□永代供養

永代供養とは、故人の遺骨の供養や管理を、お寺や霊園が行うことです。
核家族化の進行や少子高齢化、ライフスタイルの変化などによってお墓参りができず無縁仏になってしまうことを避けるために、永代供養をする人が増えています。
一口に永代供養といってもさまざまな種類があります。
例えば他の人の遺骨と一緒に納骨される合祀型や、個別に遺骨を管理、供養してくれるものがあります。
また屋内の永代供養施設に納骨する方法や、屋外の納骨塔に納骨する方法などがあります。

永代供養といっても依頼先によって供養してくれる期間が異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

□手元供養

手元供養とは、故人の遺骨の一部または全部を自分の近くに置く方法です。
故人の遺骨とともに過ごすことで、常に故人を近くで感じることができます。
手元供養には自宅に納骨する方法とペンダントや指輪など、加工して身に付ける2種類の方法が存在します。

*自宅納骨

故人の遺骨を持ち運ばずに、自宅納骨仏壇に納骨して供養する方法です。

*ペンダント

故人の遺骨の一部をペンダントや指輪などに入れて身に付ける方法です。
こうすることで常に故人とともにすることができ、心の支えにもなります。

□散骨

散骨は、故人の希望された場所に粉末状にした遺骨を撒く供養方法で、永代供養の一種です。
遠洋の海や散骨場などの場所で散骨されます。
また、土地所有者の許可を得られると山や希望の場所でも散骨ができます。

□樹木葬

樹木葬は墓石の代わりに樹木を墓標とし、木の周りに遺骨を埋葬して供養する方法で、こちらも永代供養の一種です。
費用が抑えられ、明るく自由なイメージあり、近年注目され始めています。

□まとめ

今回は様々な供養の種類や方法についてご説明してきました。
永代供養や手元供養、散骨、樹木葬をご紹介していきました。
他にも様々な供養の方法がありますが、どれも大切な故人に想いを寄せ供養する気持ちは同じです。
ご遺族で話し合ったり故人の気持ちを考えて、皆さんが納得できる供養の方法をお探しください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。