mirai_tech のすべての投稿

【終活】エンディングノートと遺言書の違いとは?

終活を始めている方の中で、エンディングノートと遺言書の違いについて知っている方はいらっしゃいますか?
聞いたことはあっても、具体的な違いや特徴について知らない方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、エンディングノートと遺言書の違いについて解説します。

1124867_R

□エンディングノートとは

エンディングノートとは、主に高齢者が、いつか迎える死に備えて、自分の希望や思いを家族や知人に向けて書き記したノートのことです。
最近は中年の方が書くケースも多くなっています。
基本的には自分の名前、生年月日、住所、マイナンバーなどの個人情報を基本事項として書きます。
他には、銀行名や口座番号などの預貯金、有価証券や不動産などの資産、借金やローンなどのお金に関する内容から、延命治療、臓器提供をするか否かについても書きます。

□遺言書とは

遺言書は故人が生前に自らの死後を考えて、家族や知人に遺した文章や言葉のことです。
もしも、遺言書を書いていなかったら、相続をする際に、親族間でトラブルが起こる可能性があります。
内容は主に相続について書きます。
相続人の指定や資産の取り分、後見人の指定などが挙げられます。
遺言書には普通方式遺言と特別方式遺言がありますが、一般的には普通方式遺言を選択することが多いです。

□両者の違いとは

エンディングノートと遺言書はそれぞれに似たような内容を書いているようにも見えます。
では具体的にどういった点が違うのでしょうか?

*法的効力

書き方によって変わってきますが、基本的にエンディングノートには法的効力がありません。
つまり、書いてあることに法的拘束力がなく、それに従う必要はありません。
一方、遺言書は法的効力があるので書いてある内容に従って相続などを行います。

*内容の自由度

エンディングノートは書く内容を自由に決めることができますが、遺言書は書く内容が制限されています。
遺言書は基本的に相続に関連することしか書くことができないので注意しましょう。

*かかるお金

エンディングノートを書く際に使用するノートは、市販で売られているものでも大丈夫なので安く済みます。
しかし、遺言書は印鑑証明書や住民票などの正式な書類が必要なので、費用が高くなってしまいます。
手数料も必要なので注意が必要です。

□まとめ

今回はエンディングノートと遺言書の違いについて解説しました。
両者の違いを理解して、終活を始めていきましょう。
この記事が終活の手助けになれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ペットのお墓を自分で作る方法をご紹介します

最近、犬や猫などの飼っていたペットが亡くなったしまった方はいらっしゃいますか?
長年連れ添ったペットが亡くなるのはとても悲しいですよね。
ペットが亡くなると、供養するためにお墓を作りたいとお考えの方は「何からすればいいか分からない」、「自分でお墓を作りたい」といった方がいるのではないでしょうか?
そこで今回は、ペットの墓を自分で作る方法をご紹介します。

□お墓の場所を決めましょう

ペットのお墓を作る際、最初にやるべきことはお墓の場所を決めることです。
基本的には、庭などの自分が所有している敷地内に作りましょう。
一般的には雨風に強く、普段あまり踏まないようなところに作ります。
家にお客さんが来る際に、お墓を見て良い気がしない人もいるので、あまり目立たないところに作ることをおすすめします。

□ペットを埋めましょう

まずは、ペットを埋めるための穴を掘っていきましょう。
埋葬する際は、ペットの大きさに合わせて深さを決めます。
自然災害によって土が流れることや、ペットのにおいがするかもしれないので、穴はペットの大きさよりも少し深めに穴を掘っていくことがおすすめです。
しかし、穴を掘る場所に水道管やガス管が流れていないことをよく確認しておいてください。
穴を掘り終えたら、ペットを埋めて土を盛ります。
ペットを埋める際には、土に還りやすいように何かで覆うことはせず、直接土に埋めるように注意しておきましょう。

□墓石を準備しましょう

埋葬する場所が分かるように墓石を準備しましょう。
墓石をお店で購入してもいいですが、自分の好みの石を拾ってきて選んでもいいでしょう。

□おすすめの墓石「ぺトボ」について

7_R

火葬した場合に、自分でお墓を作ることは非常に手間がかかってしまいます。
また、火葬後の遺骨の扱いに不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、おすすめするのが「ぺトボ」と呼ばれるペット用の墓石です。
「ぺトボ」はフォトフレームと納骨機能を兼ね備えているペットのお墓です。
高級感のあるデザインで機能的な墓石となっています。
ブロックタイプとカバータイプの2種類があり、どちらもフォトフレームと納骨機能を持っており、インテリアとしても家の中に置くことができるおしゃれなデザインとなっています。

□まとめ

今回の記事ではペットのお墓を作る方法とおすすめの墓石についてご紹介しました。
ペットのお墓を作る際は「ぺトボ」を利用してみてはいかがでしょうか?

【終活をお考えの方へ】生前整理をする方法についてご紹介します

1169182_R

終活を始めた、やり始めようとお考え方は生前整理をすることになるでしょう。
終活において、生前整理は必要不可欠なものです。
しかし、「何から始めればいいのか分からない」、「具体的な生前整理の方法について知りたい」といった方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、生前整理の方法についてご紹介します。

□生前整理とは

生前整理は、主にご高齢の方が亡くなる前に、死後のことを考えて身の回りのモノやお金、不動産といった資産を整理することです。
目的としては、遺される家族や知人が遺品を整理する際の負担を軽減することや、相続問題や家族の間でのトラブルを防ぐ、そして、自分の限りある人生を充実したものにするために生前整理をします。
最近では、中年から若者世代の方でも、いつか訪れる死期に備えて生前整理を始める方も増えてきていて、社会的に注目を集めている終活の1つとなっています。

□モノの仕分けをしましょう

まずは、家の中にあるモノを仕分けしていくことをおすすめします。
必要のないモノはどんどん捨ていって、必要のあるモノだけを残すようにしましょう。
しかし、中には捨てるかべきか、残しておくべきか迷うモノもあることでしょう。
その時は、自分でモノを仕分ける基準を決めて作業を進めていくと効率的です。
具体的には、複数あるモノ、同じ役目を持っているモノ、長い間使用していないモノのような基準で選別していきます。
捨てなければ、自分が亡くなった後に周りの人が片付けるということを意識しておきましょう。

□財産目録を作りましょう

財産目録とは、有価証券や現金、預貯金などを一覧にして、まとめておくことです。
財産目録を作ることで、財産の総額や借金の総額を把握することができます。
また、最もトラブルとなりやすい遺産相続がスムーズに進むので、トラブルを未然に防ぐこともできます。

□業者を利用しましょう

終活する人が増え始めたことで、最近は生前整理を代行してくれる会社も増えています。
業者はモノの処分を代行してくれるので、面倒で手間のかかる作業をする必要が無くなります。
また、生前整理に関する知識が豊富なので、もし悩みがあれば、気軽に相談することもできます。
ただし、業者を選ぶ際は、サービス内容や契約内容などに注意して選ぶようにしましょう。

□まとめ

今回の記事では生前整理の方法についてご紹介しました。
終活、生前整理をしている方の手助けになれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【終活】エンディングノートの書き方をご紹介します。

26a75e9b409057d37c58e3bf38457dcd_m_R

終活を始めようとしている方の中には「エンディングノート」についてご存知の方もいるでしょう。
しかし、「エンディングノートについて詳しく知らない」、「書き方が分からない」といった悩みをお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、エンディングノートに書く内容や書き方のコツまで詳しくご紹介します。

□エンディングノートとは

エンディングノートは、高齢者の方が死に備えて自分の意思や希望を記すノートのことです。
主に、重い病気にかかった時などに希望することを書き留めておきます。
具体的な内容としては、延命治療、臓器提供をするかしないか、相続およびお金の問題、葬儀、自分の伝えたい思いなどが挙げられます。
遺言が法的効力を有しているのに対して、エンディングノートは法的な効力がない点に注意しましょう。

□書く内容について

エンディングノートを書くご自身とご家族のために、良いエンディングノートを書いていきましょう。

*個人情報

自分の名前や生年月日、出生地、住所、血液型を書いておきましょう。
他には、趣味や特技、好みの食べものなど、プライベートな内容を書いてみるのもいいかもしれません。

*身の回りのこと

携帯電話、パソコン、各種会員登録しているパスワード、公共料金の支払い手段、運転免許証やパスポートに書いてある個人情報について、できる限り書いておきましょう。

*相続

現金や預貯金、有価証券、不動産、生命保険などの資産は相続することになります。
相続をする際に起こり得るトラブルを避けることにも繋がるので必ず書いておきましょう。

□書き方のコツ

*分かるところから書きましょう

最初からすべてを埋めなくても大丈夫です。
難しく考えすぎてしまうと、書く途中で挫折してしまうことがあります。
とりあえず、自分の基本情報や口座番号、緊急連絡先などの簡単に書けるところから書いていきましょう。

*今、思っていることを書きましょう

気持ちの変化によって、ノートに記した内容とは異なる希望になるかもしれません。
その場合はまた振り返って、書き直せばいいのでその時に思っていたことを書きましょう。
そのため、定期的にノートを見直すことをおすすめします。

□まとめ

今回の記事では、エンディングノートに書く内容から、書き方のコツまでご紹介しました。
終活をお考えの方は、早いうちにエンディングノートを書き始めることをおすすめします。
この記事が、終活を始める方の参考になれば幸いです。

親に終活を勧める方法についてご紹介いたします。

皆さんの親御さんは終活を始めていますか?
自ら始めてくれれば困ることはないのですが、高齢になっても終活を始めていないと少し心配ですよね。
しかし終活の話は死を連想させるものなのでなかなか切り出しづらいというのも事実です。
そこで今回は終活を親に勧める方法についてお話します。

image2_R

□なぜ親に終活を勧めるべきか

親が重い病気になってしまったときの終末期医療をどのようにするのか、また他界してしまったときにどのような葬儀を行うのか、どのようなお墓を建てるのか、遺品整理はどのようにするのかなど、様々な精神的負担や時間的負担が親御さんにもあなたにもかかってしまいます。
しかしそのような時に親があらかじめエンディングノートを書き残していたり、生前整理を事前に行っていると、残された家族の負担を減らし、本人の希望通りのことを実現することができます。
よって親に終活を勧めることは双方にとって非常に重要なことであるといえます。

□話を切り出すタイミング

なんの脈絡もなく終活の話を切り出したりすると親御さんを不快にさせてしまい逆に終活をしてくれなくなったり、親子関係が悪化してしまうということも考えられます。
そのため自然なタイミングで話を切り出すことが重要です。

*テレビで終活に関する番組が放映されたとき

テレビで終活や終末期医療に関する番組を親子で見ているときは話を切り出しやすいタイミングです。
テレビを見ながら、「こういうのってどうしたらいいんだろう」や「やっぱり急に亡くなったら大変ねえ」のよう呟いてみることで自然に話を始めることができます。

*有名人や近所の人が亡くなったとき

やはり有名人や近所の人が亡くなったときは自分と関連付けて考えやすくなるので、「○○さんのところ、急に亡くなったから大変だったみたい」というように自然に話を振ってみましょう。
親が終活に興味を持ち始めて自分から話すようになってくるとエンディングノートを渡したり、生前整理の提案を行ってみましょう。

□まとめ

今回は終活を親に勧める方法についてお話してきました。
親に終活を勧める際は、不快な思いにさせないようにすることを心掛け、自然なタイミングで切り出すことを意識しましょう。
終活を行うことによって本人の望み通りの最後を迎えることができるということだけでなく、残された家族の精神的負担や時間的負担も軽減されます。
お年を召した親御さんがいる方はぜひお役立てください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

先祖の墓の場所を見つける方法について解説します。

皆さんは先祖の墓がどこにあるかご存知ですか?
親が亡くなってお墓を建てようと思っていた矢先に、親のふるさとに先祖の墓があるということが分かったけど、どこの霊園や寺院にお墓があるのかが分からないというケースは多々あります。
高齢になった人が家族にお墓の場所を伝えることなく亡くなってしまい、残された家族が困ってしまうことは増えてきているようです。
そこで今回は先祖のお墓を見つける方法についてお話します。
ぜひ参考にしてみてください。

mihon-omote_r_R_R

□先祖の出身地周辺の霊園や寺院を探す

少し手間がかかってしまいますが、戸籍謄本をもとに大体の地域を絞り、先祖の出身地周辺の霊園や寺院に電話を掛けたり、直接訪ねたりして先祖のお墓を探してみましょう。
事情を話せば霊園や寺院の方も協力してくれる可能性は高いです。

□探偵に依頼する

お墓を探すことを得意としている探偵も存在します。
素人が自分でお墓を探そうと思えば非常に多くの手間と時間がかかってしまいますが、探偵に頼むことによってそのような手間と時間をかけずにお墓を見つけることができます。
少しお金はかかってしまいますが、その分簡単に確実に見つけることができます。
探偵に依頼をする前にも戸籍謄本を使って大体の地域を絞ることなど、自分でできることは先にやっておきましょう。

□探偵を選ぶ際の注意点

*墓探しが得意であるか

浮気調査を得意としている探偵や、人探しを得意としている探偵など、様々な分野に特化した探偵がいますが、やはり墓探しのノウハウがある探偵社のほうがより早く確実に探してもらえる可能性が高いです。
ですので、その探偵社のホームページなどから実績を調べてみましょう。

*探偵証明書があるか

探偵業務を行う際に、公安に届け出を出して認められると探偵業届出証明書が交付されます。
これは探偵業をやってもよいと認められた証拠になります。
この探偵業届出証明書は事務所の確認しやすいところに掲示しておく決まりがあるので、探偵社に足を運ぶ機会があれば確認してみましょう。
もし探偵証明書がない場合はやめておいたほうが良いでしょう。

□まとめ

今回は先祖のお墓を見つける方法についてお話してきました。
自分で出身地周辺の霊園や寺院から探すという方法もありますが、やはり探偵に依頼したほうが手間をかけずに確実に探すことができるでしょう。
先祖のお墓がどこにあるのかわからず困っているという方はぜひお役立てください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

墓を生前購入する場合の流れと注意点とは?

お墓の生前購入をしようと考えたことはありますか?
最近は終活をする人が増えてきており、終活の中の一つとしてお墓の生前購入をしている人は増えてきております。
生前購入をすることによって時間に余裕を持つことができたり、自分好みのお墓が選べることなどのメリットがある一方で注意しなければいけないこともあります。
そこで今回はお墓を購入するまでの流れや費用、注意点についてお話していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

ショウルーム完21-_R

□購入までの流れ

*資料請求

まずは霊園や墓地の資料請求を行ってどのようなお墓があるかを確認しましょう。
自分好みのお墓を見つけることから始まります。

*現地見学

もっと詳しく知りたいという方は霊園に連絡を入れて、現地見学をしましょう。
事前に予約をしておけば霊園の方が案内をしてくれることが多いです。

*契約・購入

購入したいと思えるお墓を見つけることができたら契約をしていよいよ購入です。
購入してからお墓が建つまではおよそ2~3カ月かかることが多いので注意しておきましょう。

□費用

お墓を建てる費用は地域によって異なったり、どのようなデザインであるかなどによって変わってきますので一概に言うことはできませんが、おおよその相場としては200万円程度であると言われています。

□注意点

*お墓を購入してから維持費がかかる

お墓を購入する際にももちろん費用が掛かりますが、お墓が建ってからも維持費としてお金がかかってしまいます。
早く建てすぎたせいで維持費を負担に感じる人もいるかもしれないので、あらかじめ頭に入れておきましょう。

*購入した後にもっと好きなデザインのお墓が見つかることがある

納得のいく色、形、デザインのお墓を購入することができたとしても、その後にもっとお気に入りのお墓が見つかってしまうという可能性もあります。
そのあたりは完全に自己責任になってしまいますが、後悔をしたくない方は様々な情報を集めてしっかりと吟味するようにしましょう。

□まとめ

今回はお墓を購入するまでの流れや費用、注意点についてお話してきました。
お墓を購入に至るまでには様々な手順があるので、余裕を持って早い段階から動くようにしましょう。
一方で早めに購入したことによって思いのほか維持費がかかってしまったり、もっと好みのデザインのお墓が見つかったりすることもありますので、そのあたりは慎重に進めていきましょう。
ぜひお役立てください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

子供がおらず墓の後継者のいない場合の解決策とは?

お墓を守ってくれる親戚や子どもがいない時、どうしますか?
最近では子供がいないため自分が親のお墓に入ったら、管理をする人がおらず、身内にも頼める人がいないという人も増加しています。
そこで今回は自分の死後、墓を管理する後継者がいない場合の解決策についてご紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

top_shin_R

□墓じまいの方法

墓じまいとは現在のお墓を撤去して新しい場所に遺骨を移動させることです。
自分の死後にお墓の管理をする後継者がいない時は、墓じまいをして他の場所に遺骨を移動させなければいけません。
墓じまいをする前に親戚と話し合って許可を取るようにしましょう。
ご先祖様のお墓はその親戚にとっての心の拠り所となっているため、勝手に墓じまいをしてしまうと親戚と揉める原因になりかねません。
墓じまいをするには墓地の管理者にその旨を伝えて、申請手続きを行います。
その後、石材店に依頼をして墓じまいの作業を行います。

□墓じまいをした後の遺骨の納め先

墓じまいをした後は遺骨を他の場所に納め先として以下の方法が挙げられます。

*永代供養墓

永代供養とは故人の遺骨の供養や管理をお寺や霊園が行うことです。
一口に永代供養といっても他の人の遺骨と一緒に納骨する共同墓や、個別に遺骨を管理、供養してくれるものもあります。
高齢化やライフスタイルの変化によって永代供養を選ぶ方は増えています。
永代供養といっても依頼先によってどのくらいの期間供養してくれるのかなどは異なりますのでしっかり確認しておきましょう。

*散骨

散骨とは遺骨を粉末状にして散骨場や遠洋の海で撒く供養方法です。
所有者の許可を得ることができれば山などでも散骨をすることができますが、市町村によっては散骨自体を条例で禁止している場所もあるので確認しておく必要があります。
特に北海道や伊豆などでは条例で厳しく決められており、違反すると罰金を払うことになります。
自分で行うのが不安な方は散骨を行ってくれる専門業者もいますので気になる方はチェックしてみてください。

□まとめ

今回は自分の死後、墓を管理する後継者がいない時の解決策についてご紹介してきました。
後継者がいない場合は墓じまいをして永代供養墓や散骨などの供養を行うという方法がありましたね。
この方法で供養することで自分の死後にお墓の管理をする人がいなくても安心できます。
現在お墓の後継者がいなくて悩んでいるという方はぜひお役立てください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

個性的なデザインの墓石についてご紹介します!

皆さんはどのような墓石を選びたいですか?
お墓と言えば一般的な四角い形をしたものを思い浮かべる方も多いでしょうが、最近ではデザインの個性的なお墓が沢山あるんです。
そこで今回はお墓の形についてや個性的なデザインの墓石についてお話していきます。
一般的な墓石よりも、もっと個性的なものを購入したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

mirai_gendai_R_R

□和型デザイン

「お墓と言えばこれ」というような一般的な四角いお墓です。
棹石、上台、下台の3段からなる三段墓と呼ばれています。
棹石とはお墓のなかでも一番上にある部分で、お墓の中心部分となっています。
ここにはお性根が入るとされているので最も大切な場所であり、棹石に掘られる念仏は宗派によって異なります。
また他にも様々な部位がありその全てに意味が込められています。

□洋型デザイン

洋型のお墓は棹石が平面で横幅が広いというのが基本的な形となります。
特徴としては、文字や形に決まりがないことが挙げられます。
そのため宗教に関わらず自分が好きなようにデザインすることができます。
和形の三段墓は石が高く積みあがっているので、もし大きな地震が起きたりしてしまうと崩れてしまう可能性もありますが、洋型は高さが低いのでそのような心配もありません。
またお掃除がしやすいということも特徴として挙げられます。

□デザイン墓

デザイン墓は洋型よりももっと形が自由なデザインで様々な形があります。
例えば球体のものやピラミッド型、もっと個性的なものであれば車の形や楽器の形などもあります。
サッカーが好きな人はサッカーボールの形、ヴァイオリンが好きだった人はヴァイオリンの形など、自分が好きなものの形にすることができます。
また、墓石に刻む文字も自由に選ぶことができるので宗教にとらわれずに刻みたい言葉がある人にもおすすめです。
デザイン墓は個性的なデザインで自分好みのものにできる一方で、石材店の職人の腕によって出来が左右することや、一般的なお墓よりも費用がかかってしまうというデメリットもあります。

□まとめ

今回はお墓の形についてや個性的なデザインの墓石についてお話してきました。
デザイン墓は自分が好きな様々なデザインのものを選ぶことができます。
人とは違う個性的な墓石が良いと思う方は、デザイン墓を選ぶことをおすすめします。
お墓の購入を検討中の方はぜひお役立てください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

墓の死後購入にかかる費用って一体どのくらいなの?

お墓の費用の相場がいくらくらいかご存知ですか?
親や親族が亡くなってお墓を死後購入する際、どのくらいの費用が掛かるのか気になりますよね。
お墓を買う機会は人生の中でもなかなかないので、どのくらいの費用なのか想像がつかない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はお墓を死後購入する際の費用についてのお話をしていきます。
お墓の費用に興味のある方や、お墓の購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてください。
mihon-omote_r_R_R

□お墓の費用について

お墓の平均的な相場として大体150万円~200万円程であるとされています。
思っていたよりも高いと感じた方も多いのではないでしょうか。
お墓にはこれから紹介する3種類の費用が掛かります。

*永代使用料

お墓を建てる際は霊園や墓地に建てることが決められていますが、そのお墓の「土地代」が永代使用料です。
一度払ってしまえばずっとその場所を使い続けることができますが、お墓を管理する後継者がいなくなって無縁墓となってしまった場合は、撤去されて使えなくなります。
永代使用料の費用は霊園や墓地によっても異なりますし、どの区画でどれくらいの広さを使うのかによってももちろん異なってきます。

*墓石代

お墓の石にかかる費用です。
石の種類や大きさによって費用が異なってきます。
最近では洋型のお墓や個性的なデザインのお墓があり、そのようなものを選ぶと墓石代が高くなっていく傾向にあります。

*管理費

お墓を買った後は1年に1回管理費を払う必要があり、霊園や墓地の運営のための費用はこの管理費からまかなわれます。
管理費の相場も霊園や寺院によって異なってきます。

□霊園や寺院の選び方

どんな霊園や寺院を選ぶかによっても費用は変わってきます。
立地が良かったり、広い駐車場が完備されていたり、しっかりと排水工事などのメンテナンスが行われているところでは費用が高くなる傾向があります。
しかしお墓の購入は一生に一度あるかどうかのものですので、費用だけでなく様々なポイントを考慮して購入しましょう。

□まとめ

今回はお墓を死後購入する際の費用についてのお話をしてきました。
お墓を死後購入する際は150万円~200万円ほどの費用がかかるということでしたね。
また、どの霊園や寺院を選ぶかや、お墓のデザインなどによっても費用は異なってきます。
現在お墓を買うことを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。