終活を始める方必見|生前整理の必要性をご紹介します

終活を始めようとお考えの方の中には生前整理という言葉を耳にしたことがある方が多いのではないでしょうか。
しかし、「生前整理ってよくわからない」、「生前整理について詳しく知りたい」といった方も多くいます。
終活を始めようとお考えであれば、生前整理をしておくべき理由について知っておく必要があります。
そこで今回は生前整理の必要性についてご紹介します。

□生前整理とは

自身が生きているうちにその人の財産、資産を整理することです。
遺言書やエンディングノート、財産目録をつくることが挙げられます。
間違えられすい「遺品整理」は、人が亡くなった後に遺された家族が、故人の生前に使用していた財産や資産を整理することです。
1388970_R

□必要性について

では、どうして生前整理をする必要があるのでしょうか?
重要性がよくわかる例について、いくつかご紹介します

*トラブルを避けるため

人が亡くなった後は、相続問題や家族の間でのトラブルが起こることが多いです。
具体的には、遺言書がないことによる、お金や土地を含めた遺産相続の際に起こるトラブルがあります。
亡くなる前に準備をしておかないと、親族同士の関係にひびが入る可能性があります。
このようなトラブルを未然に防ぐためにも、生きている今のうちに生前整理をする必要があるのです。

*遺された家族のため

生前整理を行うことによって、自身が死んだ後に家族にかかる迷惑を減らすことができます。
もしも、準備を何もしないまま亡くなってしまうと、膨大な数の遺品を片付けることになるので遺された家族に非常にすべての負担がかかることになりますね。
そういった事態を避けるために、モノを減らしておく、遺書を書いておくといった生前整理をしておくことが必要になります。

*自分のため

生前整理は、遺された家族だけでなく、自分自身のためでもあります。
理由としては、自分の人生を見直すことができるからです。
自分の人生を見直すことによって、これまで関わってきた人たちへの気持ち、財産や資産の問題をはっきりとさせられることでしょう。
そして、限られた時間の中で本当にやりたいことに時間と労力を割くことができます。
亡くなるまでの自分の人生を充実したものにするためにも生前整理をしておきましょう。

□まとめ

今回の記事では、生前整理の詳しい内容から重要性までご紹介しました。
生前整理をすることは家族、そして、自分のためにも必要であることがわかりました。
終活を始める方は、できるところから早いうちに生前整理に取り掛かりましょう。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

終活を始める方必見|終活とは何かを詳しく解説します

終活を始めようとお考えの方の中には、
「終活についてあまり詳しく分からない」、「具体的に何をすべきか知りたい」といった方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、終活とは何かを解説して、具体的に何をすべきかご紹介します。

□終活とは

終活とは、「人生の終わりのための活動」の略で、自らの死を意識して、人生の最後を迎えるための様々な準備やそれに向けた人生の締めくくりをすることです。
終活を始める人が増えた背景には、少子高齢化が影響しています。
昔は、親の老後の世話や亡くなった後の手続きをできる人が多くいました。
しかし、現代はそういった作業をできる世代が少なくなっているので、終活によって煩雑な手続きを減らそうとしています。
上記のような背景から、周りに迷惑をかけずに人生の最期を終えようとしている人が増えています。
841817_R

□終活でするべきこと

*遺言書を書く

終活で最初にやるべきことは遺言書を書くことです。
遺言書は亡くなる前に遺される家族に自分の希望を書き留めておくものです。
メリットとしては、相続する際に起こるトラブルを避けることができることや、遺産相続人の面倒な手続きや作業が短くなることが挙げられます。
遺言書には様々な種類がありますが、基本的に書く内容は相続に関することです。
遺言書を書くためには複雑なルールがあるので、書く際は十分注意しておきましょう。

*エンディングノートを書く

エンディングノートは主に、高齢者が人生の最期を迎える前に、家族や知り合いに向けて自身の思いを書き留めておくノートのことです。
最近では中年の方でも、いつやってくるか分からない死に備えて書くケースも多くなっています。
書き留めておく内容は、自分の生年月日やかかりつけの病院、血液型などの個人情報から
預貯金や年金、不動産などのお金に関することです。
他には、緊急時の連絡先やお墓のこと、延命治療についても書きます。

*生前整理をする

生前整理をしておくと、いざという時に家族にかける負担を軽くすることができます。
また、自分の人生を見直すきっかけになるのでしておきましょう。
具体的には家にある貴重品や不用品の整理、金融財産などのお金に関することの整理があります。

□まとめ

今回は終活とは何か、具体的に何をすべきかご紹介しました。
できるだけ早いうちに終活を始めるようにしましょう。
この記事が終活を始める際の参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

終活を始める方必見|終活の必要性について解説します

ここ最近、終活をする方は増えてきていますよね
終活に興味を持ち始めた方の中で、
「終活について知りたい」、「終活ってどうして必要なのか知りたい」
といった方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は、終活の内容と終活の必要性を解説していきます。

image2_R

□終活とは

終活は人生の最期を迎えるための様々な準備のことです。
「終活」という言葉は約10年前にできた言葉です。
終活をする人が増え始めた背景には、少子高齢化によって親の老後の世話や死後の手続きをする世代の人が減ってきていて、その人たちの負担を少なくしようということがあります。
こういった背景から、現代の高齢者はできるだけ家族や周りの人に迷惑をかけないで最期を迎えようとしている人が多いのです。
終活では、具体的に遺言書、エンディングノートを書くことや生前整理をすることが挙げられます。
ただ、終活には明確な定義はないので、人それぞれの形があります。

□終活の必要性

終活について少し理解が深まったところで、終活の必要性について解説します。

*トラブルを防ぐため

終活をしていない状態で亡くなってしまうと、親族間でトラブルが起こりやすくなります。
主に財産や不動産などの遺産相続でトラブルが発生します。
そういったトラブルを未然に防ぐためにも、遺言書とエンディングノートを書くなどの終活をしておく必要があります。

*家族や知人のため

終活をしておくことは、家族や知人のためにも必要です。
終活をしていないと、自分の希望や思いが伝わらないので、遺された人たちは何をどうしたらいいのか悩むことになってしまうことや、遺品を整理する際に膨大な数の遺品を整理シなければならないので、非常に手間がかかってしまいます。
終活をしておくことで自分の希望や思いを伝えることもできます。
また、終活の1つである生前整理を行うことによって、遺品の整理をする側にとって負担が少なくなります。
遺された人たちのためにも終活をしておきましょう。

*何よりも自分のため

終活が必要な一番の理由は自分の人生をより良いものにするためです。
自分の思いを伝えておくことで将来の不安を減らすことができます。
また、終活は人生を見直すきっかけにもなります。
今までの人生でやり残したこと、最期までにやっておかないといけないことが分かるようになります。

□まとめ

今回は、終活の必要性について解説しました。
家族や知人のため、そして自分のためにも終活を始めてみてはいかがでしょうか?
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

耐震納骨堂「SHIN」 納入実績

前回に引き続き、(株)石吉様分 SHIN施工途中経過写真です。

今回の耐震納骨堂「SHIN」はスタイルB・外壁A・屋根A・カラーA・オプション仏像となっています。
20190320 SHIN 前_R

20190320 SHIN後_R

20190320 SHIN 合祀_R

耐震納骨堂「SHIN」は6つのステップ(スタイル・外壁・屋根・前小物・カラー・オプショ)でお客様オリジナルの納骨堂を簡単にデザインすることが可能です。
6steps

お客様の周りの立地環境で入口の位置を変更することや、まわりの概観の色調に溶け込むような外壁や屋根の色にするなど様々な対応が可能です。

また、地震大国日本において、主要部にステンレスフレームを使用することにより、従来ある石製納骨堂の地震による倒壊リスクを回避した地震に強い耐震納骨堂「SHIN」です。

これから何年先も安心して、お参りに行ける地震に強く周りに溶け込むようなデザインの耐震納骨堂「SHIN」をお探しでしたら、是非ご検討してください。

今後、経過写真をUPしていきたいと思いますので、乞うご期待下さい。

【終活】エンディングノートと遺言書の違いとは?

終活を始めている方の中で、エンディングノートと遺言書の違いについて知っている方はいらっしゃいますか?
聞いたことはあっても、具体的な違いや特徴について知らない方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、エンディングノートと遺言書の違いについて解説します。

1124867_R

□エンディングノートとは

エンディングノートとは、主に高齢者が、いつか迎える死に備えて、自分の希望や思いを家族や知人に向けて書き記したノートのことです。
最近は中年の方が書くケースも多くなっています。
基本的には自分の名前、生年月日、住所、マイナンバーなどの個人情報を基本事項として書きます。
他には、銀行名や口座番号などの預貯金、有価証券や不動産などの資産、借金やローンなどのお金に関する内容から、延命治療、臓器提供をするか否かについても書きます。

□遺言書とは

遺言書は故人が生前に自らの死後を考えて、家族や知人に遺した文章や言葉のことです。
もしも、遺言書を書いていなかったら、相続をする際に、親族間でトラブルが起こる可能性があります。
内容は主に相続について書きます。
相続人の指定や資産の取り分、後見人の指定などが挙げられます。
遺言書には普通方式遺言と特別方式遺言がありますが、一般的には普通方式遺言を選択することが多いです。

□両者の違いとは

エンディングノートと遺言書はそれぞれに似たような内容を書いているようにも見えます。
では具体的にどういった点が違うのでしょうか?

*法的効力

書き方によって変わってきますが、基本的にエンディングノートには法的効力がありません。
つまり、書いてあることに法的拘束力がなく、それに従う必要はありません。
一方、遺言書は法的効力があるので書いてある内容に従って相続などを行います。

*内容の自由度

エンディングノートは書く内容を自由に決めることができますが、遺言書は書く内容が制限されています。
遺言書は基本的に相続に関連することしか書くことができないので注意しましょう。

*かかるお金

エンディングノートを書く際に使用するノートは、市販で売られているものでも大丈夫なので安く済みます。
しかし、遺言書は印鑑証明書や住民票などの正式な書類が必要なので、費用が高くなってしまいます。
手数料も必要なので注意が必要です。

□まとめ

今回はエンディングノートと遺言書の違いについて解説しました。
両者の違いを理解して、終活を始めていきましょう。
この記事が終活の手助けになれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ペットのお墓を自分で作る方法をご紹介します

最近、犬や猫などの飼っていたペットが亡くなったしまった方はいらっしゃいますか?
長年連れ添ったペットが亡くなるのはとても悲しいですよね。
ペットが亡くなると、供養するためにお墓を作りたいとお考えの方は「何からすればいいか分からない」、「自分でお墓を作りたい」といった方がいるのではないでしょうか?
そこで今回は、ペットの墓を自分で作る方法をご紹介します。

□お墓の場所を決めましょう

ペットのお墓を作る際、最初にやるべきことはお墓の場所を決めることです。
基本的には、庭などの自分が所有している敷地内に作りましょう。
一般的には雨風に強く、普段あまり踏まないようなところに作ります。
家にお客さんが来る際に、お墓を見て良い気がしない人もいるので、あまり目立たないところに作ることをおすすめします。

□ペットを埋めましょう

まずは、ペットを埋めるための穴を掘っていきましょう。
埋葬する際は、ペットの大きさに合わせて深さを決めます。
自然災害によって土が流れることや、ペットのにおいがするかもしれないので、穴はペットの大きさよりも少し深めに穴を掘っていくことがおすすめです。
しかし、穴を掘る場所に水道管やガス管が流れていないことをよく確認しておいてください。
穴を掘り終えたら、ペットを埋めて土を盛ります。
ペットを埋める際には、土に還りやすいように何かで覆うことはせず、直接土に埋めるように注意しておきましょう。

□墓石を準備しましょう

埋葬する場所が分かるように墓石を準備しましょう。
墓石をお店で購入してもいいですが、自分の好みの石を拾ってきて選んでもいいでしょう。

□おすすめの墓石「ぺトボ」について

7_R

火葬した場合に、自分でお墓を作ることは非常に手間がかかってしまいます。
また、火葬後の遺骨の扱いに不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、おすすめするのが「ぺトボ」と呼ばれるペット用の墓石です。
「ぺトボ」はフォトフレームと納骨機能を兼ね備えているペットのお墓です。
高級感のあるデザインで機能的な墓石となっています。
ブロックタイプとカバータイプの2種類があり、どちらもフォトフレームと納骨機能を持っており、インテリアとしても家の中に置くことができるおしゃれなデザインとなっています。

□まとめ

今回の記事ではペットのお墓を作る方法とおすすめの墓石についてご紹介しました。
ペットのお墓を作る際は「ぺトボ」を利用してみてはいかがでしょうか?

平成

4月30日に平成が終わり、5月1日から新しい元号となります。
新しい元号が、どのようなものになるか、興味深いです。

過去の元号については、
明治「聖人が南面で天下を聴けば、明るい方向に治まる」
大正「君主(天皇)が、国民の意見を喜んで聞き入れるなら、政治は正しく行われる」
昭和「百姓(国民)が徳を明らかにすると、萬邦(世界中)が仲良くなる」
平成「国の内外、天地(宇宙、世界)の平和が達成される」
との意味があるそうです。

元号の条件については、
「国民の理想としてふさわしい、よい意味を持つ」
「漢字2文字である」
「書きやすい」
「読みやすい」
「これまでに元号として、用いられたものではない」
「俗用されているものではない」
だと言うことです。

個人的には、いつかやろうと思いながらも、先延ばしになっている事を、なんとか平成のうちにやり遂げようと思っています。
何かにつけて、平成最後の○○と名を打ち、ひとつひとつ完結して行こうと思います。
0312

【終活をお考えの方へ】生前整理をする方法についてご紹介します

1169182_R

終活を始めた、やり始めようとお考え方は生前整理をすることになるでしょう。
終活において、生前整理は必要不可欠なものです。
しかし、「何から始めればいいのか分からない」、「具体的な生前整理の方法について知りたい」といった方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、生前整理の方法についてご紹介します。

□生前整理とは

生前整理は、主にご高齢の方が亡くなる前に、死後のことを考えて身の回りのモノやお金、不動産といった資産を整理することです。
目的としては、遺される家族や知人が遺品を整理する際の負担を軽減することや、相続問題や家族の間でのトラブルを防ぐ、そして、自分の限りある人生を充実したものにするために生前整理をします。
最近では、中年から若者世代の方でも、いつか訪れる死期に備えて生前整理を始める方も増えてきていて、社会的に注目を集めている終活の1つとなっています。

□モノの仕分けをしましょう

まずは、家の中にあるモノを仕分けしていくことをおすすめします。
必要のないモノはどんどん捨ていって、必要のあるモノだけを残すようにしましょう。
しかし、中には捨てるかべきか、残しておくべきか迷うモノもあることでしょう。
その時は、自分でモノを仕分ける基準を決めて作業を進めていくと効率的です。
具体的には、複数あるモノ、同じ役目を持っているモノ、長い間使用していないモノのような基準で選別していきます。
捨てなければ、自分が亡くなった後に周りの人が片付けるということを意識しておきましょう。

□財産目録を作りましょう

財産目録とは、有価証券や現金、預貯金などを一覧にして、まとめておくことです。
財産目録を作ることで、財産の総額や借金の総額を把握することができます。
また、最もトラブルとなりやすい遺産相続がスムーズに進むので、トラブルを未然に防ぐこともできます。

□業者を利用しましょう

終活する人が増え始めたことで、最近は生前整理を代行してくれる会社も増えています。
業者はモノの処分を代行してくれるので、面倒で手間のかかる作業をする必要が無くなります。
また、生前整理に関する知識が豊富なので、もし悩みがあれば、気軽に相談することもできます。
ただし、業者を選ぶ際は、サービス内容や契約内容などに注意して選ぶようにしましょう。

□まとめ

今回の記事では生前整理の方法についてご紹介しました。
終活、生前整理をしている方の手助けになれば幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

梅派ですか?さくら派ですか?

 このところ肌寒いものの日に日に日差しもまぶしく気温も気持ち上がって来て春の訪れを感じます。
通勤途中にある梅の花も満開です。
先日、新聞記事に梅派ですか?さくら派ですか?の記事に、どちらかなと少し考えてしまいました。
どちらも春のおとずれを感じさせる可愛らしい花なの決め兼ねますが、
でもやはりさくら派の人が多いのではないかなと思います。
049

【終活】エンディングノートの書き方をご紹介します。

26a75e9b409057d37c58e3bf38457dcd_m_R

終活を始めようとしている方の中には「エンディングノート」についてご存知の方もいるでしょう。
しかし、「エンディングノートについて詳しく知らない」、「書き方が分からない」といった悩みをお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、エンディングノートに書く内容や書き方のコツまで詳しくご紹介します。

□エンディングノートとは

エンディングノートは、高齢者の方が死に備えて自分の意思や希望を記すノートのことです。
主に、重い病気にかかった時などに希望することを書き留めておきます。
具体的な内容としては、延命治療、臓器提供をするかしないか、相続およびお金の問題、葬儀、自分の伝えたい思いなどが挙げられます。
遺言が法的効力を有しているのに対して、エンディングノートは法的な効力がない点に注意しましょう。

□書く内容について

エンディングノートを書くご自身とご家族のために、良いエンディングノートを書いていきましょう。

*個人情報

自分の名前や生年月日、出生地、住所、血液型を書いておきましょう。
他には、趣味や特技、好みの食べものなど、プライベートな内容を書いてみるのもいいかもしれません。

*身の回りのこと

携帯電話、パソコン、各種会員登録しているパスワード、公共料金の支払い手段、運転免許証やパスポートに書いてある個人情報について、できる限り書いておきましょう。

*相続

現金や預貯金、有価証券、不動産、生命保険などの資産は相続することになります。
相続をする際に起こり得るトラブルを避けることにも繋がるので必ず書いておきましょう。

□書き方のコツ

*分かるところから書きましょう

最初からすべてを埋めなくても大丈夫です。
難しく考えすぎてしまうと、書く途中で挫折してしまうことがあります。
とりあえず、自分の基本情報や口座番号、緊急連絡先などの簡単に書けるところから書いていきましょう。

*今、思っていることを書きましょう

気持ちの変化によって、ノートに記した内容とは異なる希望になるかもしれません。
その場合はまた振り返って、書き直せばいいのでその時に思っていたことを書きましょう。
そのため、定期的にノートを見直すことをおすすめします。

□まとめ

今回の記事では、エンディングノートに書く内容から、書き方のコツまでご紹介しました。
終活をお考えの方は、早いうちにエンディングノートを書き始めることをおすすめします。
この記事が、終活を始める方の参考になれば幸いです。