手元供養をお考えの方へ!メリットとデメリットをご紹介します

少子高齢化が進むにつれてお墓の供養や管理のことで子や孫に負担をかけたくないと考え、先祖代々の墓所を墓じまいしたり、自然葬や合祀の永代供養墓を選ぶ人の増加が目立ってきました。
近年注目度が高い樹木葬や海洋葬などの自然葬や永代供養墓、都市型納骨堂が選ばれやすい最大の理由は、従来型の墓石を建てるタイプの墓所と違って費用がかなり抑えられることにあります。

□墓所購入の費用

従来型の墓所購入のため必要な費用は地域によって多少の違いがありますが概ね200万円前後になると言われ、最も費用がかかる墓石の購入費用だけでも全国平均で約120万円から175万円とされています。
その上年間で約2万円から8万円ほどの管理費用がかかってくるため、それよりはかなり割安となる樹木葬や永代供養墓への人気が集まりました。

□手元供養のメリット

樹木葬などでも埋葬や散骨を行う場合には施設に支払う初期費用や年間管理費などが必要になってきますが、手元供養の場合それらの出費も不要というのが最大のメリットになっています。
亡くなったとはいえ大切な家族の遺骨を冷たい墓石の下に置くのは忍びないと考えている人にとっては、共に暮らした自宅で日々供養ができるということこそが何よりの利点と言えます。
近年では手元供養に最適なコンパクトなモダン仏壇が増え、それに似合う洋風デザインのカラフルな仏具なども登場していることから、家族が集うリビングルームなどで自然な供養ができるようになっています。
足腰が弱った高齢の遺族の場合は、自宅で毎日供養ができることも大きなメリットです。

□手元供養のデメリット

手元供養のデメリットはメリットの裏返しになりますが、常に住宅内に故人の遺骨やそれを加工したオブジェやアクセサリーがあることを快く思わない人がいるという点になります。
同居の家族の中にも、義理のきょうだいなど直接の血縁でない人や仲が悪かった舅や姑らの遺骨があることに抵抗感を抱いている人は少なくないと言われます。
来客が多い家の場合、遺骨の存在を怖がる人がいることにも配慮し、人目につかない場所に仏壇を置くなどの対策も必要です。

手元供養を行っていた家族が亡くなり、住宅を手放すなどの事態になった場合には遺骨を改めてどこかへ納める必要性が出てくるため、残された親類縁者に負担がかかってくるというデメリットもあります。
墓じまいをして手元供養に切り替える場合には、お墓参りをしたい親類縁者との事前の話し合いを徹底しておかないと重大なトラブルに発展するケースもあり、その点もデメリットになってきます。
新たな供養スタイルだけに、特に高齢者への丁寧な説明が必要です。