【手元供養をされた方へ】残りの遺骨の取り扱い方法をご紹介

手元供養とは故人の遺骨を自宅など身近な場所において供養する方法です。
お墓を買っても維持できないという人や故人を近くに感じたいといった理由で火葬後の遺骨を自宅で保管しているという人も増えてきています。
埋葬したり納骨する場合は市区町村が認めた墓地や納骨堂に依頼する必要がありますが、私的な遺骨は自宅で保管しても違法ではありません。

□手元供養の方法

手元供養では全ての骨を残す場合もありますが、一般的には骨を分けて一部だけを手元に残します。
ペンダントなどのアクセサリーや小さな骨壷に納めることが多いでしょう。
このようなものには全ての骨が入りませんし、骨の大半は残ります。
お墓があれば納骨できますが、お墓を持たない場合は残りをどうしたら良いのか迷ってしまうこともあるかもしれません。

□残りの遺骨は?

お墓がない場合や墓じまいを考えている場合、手元供養の残りの遺骨の行く先はいくつか挙げられます。
まずは合祀永代供養墓という共同のお墓に納めるという方法があります。
合同墓や合葬墓、共同墓などと呼ばれることもあり、複数の人の骨と一緒に納められることが特徴です。
近年ではお墓の無縁化が増えてきたため、共同のお墓の利用を推奨する地域も増えてきました。
骨は宗教や宗派に関係なく、お墓の管理者によって永代供養されます。

各宗派の本山に残りの骨を納めるという方法もあります。
本来は信仰的な分骨の習慣があったのですが、現在では全ての骨を納める人が増えてきています。
これは本来なら信者の人が対象となる方法です。
しかし、申し込みをすればどんな人でも受け入れてもらえる場合がほとんどです。

残った骨を散骨するという方法も増えてきています。
これは細かく砕いて粉にした骨を海や山などに撒くという方法です。
自然から生まれたものを自然に帰すというサイクルに基づいた供養方法です。
遺族が自力で撒くこともできますが、専門の業者に依頼した方が簡単です。

樹木葬は骨を土に埋め、その上に桜やバラ、ハナミズキといった樹木を植える方法です。
散骨と同じで骨を自然に帰すスタイルですが、樹木を故人の生まれ変わりと捉えることもできます。
故人が樹木を育てるというイメージがありますし、時間が経っても故人と会えるような気持ちになるので人気が高まっています。

□最後に

手元供養の残りの遺骨の行き先については特に決められているわけではありません。
大切なのは遺族や故人の価値観と死生観、生き方であり、亡くなった人を大切にしながら遺された人々のライフスタイルに合わせて最適な供養方法を選んでいきましょう。
手元供養について分からないことがある場合は専門の業者に相談してみるのがおすすめです。