永代供養をお考えの方へ!墓石の選び方を解説します

最近永代供養を考えている人が増えていますが、その場合に問題となるのが墓石の選び方ですが、どのように探したら良いか分からず困っている人が少なくありません。先々のことを考えるとそれほど高価な物は要らないと思っていても、見っともない物だと恥ずかしいので色々と考え込んでしまう人も多いのです。

□まずは形を決めよう

ただあまり深く考える必要はなく、直観に身を任せながら検討することが大切です。墓石の選び方において重要なことはどのような形の物が欲しいかをよく考えることで、その大枠を考察する過程の中で、詳細に関する希望が段々と明確化されます。例えば伝統的で古風な墓石を希望するのか洗練されたデザインが特徴的な現代風の墓石を希望するのかによって依頼する会社が変わって来るので、先ずはどのような形のお墓にしたいのかをよく考えることが大切です。

□墓石の新たな形

伝統的なお墓と言っても「古い墓石」といった一つの形に範疇化されるものではなく、一般的なお墓も造られた時代により大なり小なり違いがあり、伝統的なお墓の確立された定義もありません。もし、あなたが特定の風習を大切にしたいと言う考えがある場合には、専門の業者に伝えれば希望に沿った形を提案してもらえます。伝統的なものを好む人も居る反面、洗礼されたデザインを持つ、未来型のお墓を希望する人も一定数います。そういった方に適した革新的なデザインの墓石を多く扱う会社も存在します。

未来型の墓石と言ってもこれまでの一般的な墓石とかけ離れたものではなく、伝統を残しながらも新しきを混在させる中で、既存の物から進化したものを手に入れることができます。正に「未来を形に」と言うコンセプトの下で生まれたお墓で、明るい気持ちを持ってお墓参りができるようデザインに工夫がこなされています。

□墓石の選択に当たって

これまで墓石の種類を簡単に説明しましたが、依頼先を決める際、もう一点大切なことがあります。それはどれ位納入実績があるかをよく調べることです。これまでどれだけ多くのお墓を作って来たのか、そしてその種類は伝統的なものだったのか、それとも未来型のものだったのか。それらをチェックすることはそれぞれの依頼先の強みを知ることになり、より良い選択の一助となります。

前述の様に、墓石を選ぶ上で、どのようなタイプのお墓にしたいのかをまず考え、それによってある程度購入したい物の大枠が形になります。その後、納入実績と価格を踏まえて比較検討に時間をさくことで、自身が納得できる選択ができるでしょう。