手元供養ってなに?方法ややり方についてのご紹介

皆さんは手元供養についてご存知ですか?
手元供養とは故人の遺骨を近くに置いておく供養方法です。
最近はお墓を建てられない方や、お墓が遠くて行けない方、故人を常に近くで感じながら手元で供養をしたいという方も増え始めていることから、手元供養を選ぶ人も少なくありません。
しかし手元供養とは一体何なのか、他の供養方法などと比べてどう違うかについて知らない方も多いのでないのでしょうか。
そこで今回は手元供養とはどのようなものなのかをご紹介していきます。
まだあまり知らない方は是非参考にしてみてください。

□手元供養とは

手元供養とは故人の遺骨の一部または全部を自分の近くに置いておく供養方法です。
故人の遺骨とともに過ごすことで、常に故人を近くで感じられます。
また、自宅に納骨する方法とペンダントや指輪などに入れて身に付ける2種類の方法が存在します。

*自宅納骨

故人の遺骨の一部または全部を骨壺に入れて自宅の仏壇に置いておく方法です。
遺骨の一部を入れる場合のミニ骨壺には、さまざまなデザインや材質があります。

*アクセサリー

故人の遺骨の一部をペンダントや指輪などのアクセサリーの中に入れて身に付ける方法です。
ペンダントや指輪以外にも、ブレスレットやブローチのアクセサリーにすることができ、材質も多くのものがあります。
また、遺骨を加工してダイヤモンドにしたり、粉末状にしてガラスに練り込んでペンダントなどのアクセサリーにするという方法もあります。

□分骨の際の手続き

分骨する(遺骨の一部を取り分ける)際にはまず事前に火葬場に伝えておく必要があります。
そして火葬場で分骨証明書を発行してもらって、火葬後に分骨用の骨壺に遺骨を取り入れましょう。
分骨証明書は後々納骨をすることになった場合などに必要になるので大切にとっておいてください。

□まとめ

今回は手元供養についてご紹介してきました。
手元供養とは故人の遺骨の一部または全部を自宅の骨壺やアクセサリーに入れておくという方法でしたね。
自宅に置いておいたり身に付けておくことで、霊園のお墓の中に入れる一般的な方法よりも近くで故人のことを感じられます。
また他にも様々な供養の種類がありますが、どれも大切な故人に思いを寄せ、供養する気持ちは同じです。
大切な人を亡くした悲しみは、故人を思いながら常にそばで供養をしてあげることで、徐々に和らいでくるかもしれません。
ご遺族で話し合ったり故人の気持ちを考えて、皆さんが納得できる供養の方法をお探しください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>