【手元供養をされた方へ】残りの遺骨の取り扱い方法をご紹介

手元供養とは故人の遺骨を自宅など身近な場所において供養する方法です。
お墓を買っても維持できないという人や故人を近くに感じたいといった理由で火葬後の遺骨を自宅で保管しているという人も増えてきています。
埋葬したり納骨する場合は市区町村が認めた墓地や納骨堂に依頼する必要がありますが、私的な遺骨は自宅で保管しても違法ではありません。

□手元供養の方法

手元供養では全ての骨を残す場合もありますが、一般的には骨を分けて一部だけを手元に残します。
ペンダントなどのアクセサリーや小さな骨壷に納めることが多いでしょう。
このようなものには全ての骨が入りませんし、骨の大半は残ります。
お墓があれば納骨できますが、お墓を持たない場合は残りをどうしたら良いのか迷ってしまうこともあるかもしれません。

□残りの遺骨は?

お墓がない場合や墓じまいを考えている場合、手元供養の残りの遺骨の行く先はいくつか挙げられます。
まずは合祀永代供養墓という共同のお墓に納めるという方法があります。
合同墓や合葬墓、共同墓などと呼ばれることもあり、複数の人の骨と一緒に納められることが特徴です。
近年ではお墓の無縁化が増えてきたため、共同のお墓の利用を推奨する地域も増えてきました。
骨は宗教や宗派に関係なく、お墓の管理者によって永代供養されます。

各宗派の本山に残りの骨を納めるという方法もあります。
本来は信仰的な分骨の習慣があったのですが、現在では全ての骨を納める人が増えてきています。
これは本来なら信者の人が対象となる方法です。
しかし、申し込みをすればどんな人でも受け入れてもらえる場合がほとんどです。

残った骨を散骨するという方法も増えてきています。
これは細かく砕いて粉にした骨を海や山などに撒くという方法です。
自然から生まれたものを自然に帰すというサイクルに基づいた供養方法です。
遺族が自力で撒くこともできますが、専門の業者に依頼した方が簡単です。

樹木葬は骨を土に埋め、その上に桜やバラ、ハナミズキといった樹木を植える方法です。
散骨と同じで骨を自然に帰すスタイルですが、樹木を故人の生まれ変わりと捉えることもできます。
故人が樹木を育てるというイメージがありますし、時間が経っても故人と会えるような気持ちになるので人気が高まっています。

□最後に

手元供養の残りの遺骨の行き先については特に決められているわけではありません。
大切なのは遺族や故人の価値観と死生観、生き方であり、亡くなった人を大切にしながら遺された人々のライフスタイルに合わせて最適な供養方法を選んでいきましょう。
手元供養について分からないことがある場合は専門の業者に相談してみるのがおすすめです。

インフルエンザ

1月に入り寒さも厳しくなって体調を崩しやすくなる時期ですが、今年はインフルエンザが大流行しているみたいです。

私もインフルエンザの予防接種は毎年受けていますが、受けた人でも今年はインフルエンザにかかってしまっている方も多いと聞きます。

インフルエンザは、A型・B型・C型があり症状もさまざで、そのなかでも人に流行をもたらすのでA型・B型みたいです。

今年は全国的にインフルエンザが流行しているみたいですので、手洗いやうがいはもちろん、マスクに室内加湿、十分な睡眠など注意して行きたいと思います。

1286663_R

節分に福茶

新しい年、2019年がスタートしました。気付けば1月も残り数日となり、2月が目の前に来ています。「早く暖かい春にならないかな」と、呟く息はまだまだ白いです。

2月と言えば、節分の行事があります。節分とは季節を分けるという意味で、春を迎えるということは大切な節目であると言われています。
節分のルールも各地方や家庭により様々なようですが、我が家では恵方を向いて恵方巻を無言で丸かぶりし、豆まきをして年齢より一つ多く豆を食べるのが定番です。
季節を彩る行事として毎年続けていますが、年齢が上がると食べる豆の数が多くなり、どうしたものかと模索していました。

そこで、今年からは「福茶」で頂くことにします。湯呑に、「豆3粒 梅干1粒 塩昆布少々」を入れて、お湯を注ぐだけという簡単なもので、豆がふやけてきたら、梅干を潰して飲みます。昆布と梅干の出汁が出て、良い感じだと思います。
豆の3粒は縁起の良い吉数で、「まめまめしく働ける」という意味があるそうです。
昆布は「よろこぶ」梅は「おめでたい松竹梅」に通じるので、縁起の良い福茶を飲んで、無病息災で今年一年を元気に過ごしたいです。
0129

暖かいランチ

 もう1月後半になると、ますます冷え込みが厳しくなってます。
冷たくなかなか前に進まない向かい風が吹く日も頻繁になってきています。
そんな日のランチに、最近は、はるさめヌードルを食べています。
お気に入りは、上の段の2つです。
大根おろしが好きなのと、胃にやさしいので家で食べる時は、更にショウガを
プラスして食べています。
カロリーも抑えめなので、安心です。
海鮮とんこつ味は、キャベツがレトルトなのに本物っぽいので感心してます。
2月は、自分ではるさめスープを作ってはるさめを入れてみたいと思います。

IMG_0569

【先祖供養は大切】お墓参りに行けないときはどうする?

お墓はご先祖様とつながることのできる大切な場所であり、現生に生きる人と天国にいる大切な人との絆を感じられる場でもあります。
お墓は遺骨を納めてある場所ですが、折に触れて、またお墓参りに来てくれた人に会うために魂がそこに訪れるともいわれております。
先祖供養ができるそんなお墓はとても大切な場所であるといえますが、少子高齢化、核家族化などの現代においてお墓参りになかなか行けないというような状況があることも事実です。

□お墓離れの傾向

忙しく日々を送る現代の人にとって、お墓が遠方であることで行きづらい環境にある方も少なくありません。
また、高齢化が進み足腰が弱ったりすることでお墓参りに出向くことが難しい、少子化のなかでお墓を継承していく人がいないなどからお墓参り離れの状態があるのです。

□気持ちを伝えよう

定期的にお墓参りに行かないと先祖供養が出来ていないということで、とても後ろめたくなる方も少なくありません。
そこで、もし行けない状態になっている場合には方法として家でしっかりとご先祖様に普段の感謝を伝える、心を落ち着けて語り掛けるように祈ることで必ずご先祖様に気持ちは伝わります。

□お墓の管理維持

また、お墓の管理維持というものは手を加えないと敷地内の草が伸びたり、墓石が汚れたり、雨風によって苔が生えてしまったりなど見た目的にも衛生的にも良くありません。
そうしたことを改善するためにはお墓の掃除代行というサービスがあるのでそういったものを利用してきれいな状態を維持しておくことも一つの手です。
更に寺や霊園側に永代供養にしてもらうのも良い方法です。
これは永代にわたってお墓の供養、管理をしてくれるのでとても安心感があります。
永代供養してからも好きな時にお墓に行くことは可能です。

□墓じまいとは

そして、もしそのお墓が継承していく人が途切れてしまうということがあると予想される場合には、墓じまいという方法もあります。
これは墓石を撤去し、遺骨を集団の永代供養墓などに移動することでお墓を維持管理していく必要がなくなります。
これは決してご先祖様を大切にしていないというものではなく、大切だからこそ、自分たちの代できちんとした形をとっておこうという前向きな選択です。

□最後に

少子化、高齢化、簡素化、ライフスタイルの変化によってお墓の在り方の考え方も多様化しているのです。
どれを選択するかはそれぞれですが、そこにご先祖様に対する愛情や感謝があるからこその選択になるはずです。
静かにゆっくりと永遠の眠りにつけるような環境を整えることは自分自身の死後の準備、そして代々のご先祖様への気持ちの表れです。

納入実績

今回も納入実績写真のご紹介をさせて頂きます。

前々回もご紹介させて頂きました弊社ブランド墓石「未来墓 絆」「現代墓石 和墓 納骨蓋型」をご紹介させて頂きます。

今回の「未来墓 絆」は1㎡用の一回り小さなサイズですが、見た目に豪華で迫力のあるデザインに成っています。

「現代墓石 和墓 納骨蓋型」も、前小物が一体化(花立・ローソク・納骨蓋)にすることにより、隙間が無く、お掃除が簡単で、納骨しやすくなっています。

どちらも甲乙つけづらいデザインで非常に人気の高いシリーズに成ります。

ご興味がありましたら下記サイトを是非ご覧下さい。

未来墓®
http://ectrade.co.jp/mirai.html

未来墓®プレミアム
http://ectrade.co.jp/mirai_p.html

S__18120730-_R

現代墓石
http://ectrade.co.jp/gendai.html

S__18120727_R

【先祖供養は大切】現代人が意外と知らないお墓参りの作法とは?

お墓は、大切にしていた人やご先祖様を供養するところです。
お参りをする人にとっても精神的な拠り所となり、感謝の源と言うこともできます。
かつて人々にとってお墓は日常の一部とも呼ぶべき身近なものでしたが、距離も遠のき年に数回行くというのが一般的です。
多いパターンとしては、お彼岸やお盆・故人の命日・正月などです。
それに加えて子どもの進学や就職などの節目、結婚などにも家族揃ってお墓参りをして喜びを分かち合うのが理想的と言えます。

□お墓は故人の家

お墓は故人の家と言い換えることも可能です。
お供え物を持って訪ねると考えるとわかりやすいかもしれません。
先祖供養の訪問の場合は年長者へのいわば挨拶です。
たとえ顔を直接見たことがなくても、尊敬すべき目上の人への挨拶と捉えると良いです。

□お墓参りのマナー

ただお墓参りはあまりかしこまって緊張していくものではありません。
最低限のマナーや作法を守り、手を合わせに行くところです。
服装は何を着ても基本的には構いませんが、あまり派手なものや華美な服装は避けておいた方が無難です。
持ち物は生花や線香・ロウソク・お菓子や飲み物とそれを置くための半紙・数珠・マッチなど火をつけるもの・花ばさみ・掃除用具・ひしゃく・手桶・ゴミ袋などがあります。
寺院や霊園なら備えてあるものも多いので、あらかじめ聞くなりチェックしておくと安心です。

□寺院墓地のマナー

寺院墓地ならまず本堂にお参りしてご住職に挨拶をします。
管理事務所などで借りるものがあれば借り、手桶に水を汲んでお墓まで赴きます。
□墓参りの作法
合掌礼拝してからお墓の掃除をすると良いです。
掃除ができたら花立てに花を挿し、バランスを整えて飾ります。
お供え用のお菓子や飲み物は半紙を敷いてその上に置きます。
季節の果実や故人の好物も用意していくとベターです。
お酒が好きだったからと墓石にお酒をかける人が稀にいますが、これは墓石が変色してしまう場合があり、避けるべきです。

線香に着火し立てるか寝かせるかして供えます。
口で火を消すのではなく、手で仰いで消すのが正しい作法です。
点火には風よけ付きのライターなどが便利です。
地域によってはロウソクを立てるところもあります。
この時風が強いと特に苦労をするので工夫があると安心です。

お墓参りの順番は故人から縁の深い人からです。
線香を消さないよう注意しつつ墓石に水をかけ、正面に向かい合掌します。
冥福と感謝の気持ち、報告などを心の中で語りかけるのが作法です。
短い題目を唱えるのも心を通わせる手段となります。
手には数珠をかけ、胸の前で手をぴったりと合わせ軽く目を閉じると良いです。
お墓参りが済んだら花や線香以外は後から散らかるのを避けるため持ち帰ります。

古墳と壁画

奈良県明日香村の、高松塚古墳とキトラ古墳に足を運びました。

高松塚古墳では、極細色壁画「飛鳥美人」を見学しました。
ガラス張りの見学者通路から、肉眼とオペラグラスでの見学で、係の方が詳しく説明をしてくれました。
すでに11年の歳月を掛けており、1日2cm単位で修復作業が進められているそうで、そろそろ終盤に差し掛かっているとのお話でした。

その後、「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」へ移動しました。
こちらでは「玄武の壁画」が公開されており、多くの方が訪れていました。
立派な展示室があり、待ち時間の間にじっくりと予備知識を得ることが出来ました。

7世紀末から8世紀初めの時代に、描いた壁画も凄いですが、それを修復している現時代の方々の技術も凄い事だと驚きました。

IMG_1848

お酒のお線香

 お供えの御線香を買いました。
いつも香りの少ないラベンダーなどの御線香を買っていますが、
今回は変わり種のお線香にしました。日本酒の香りのお線香です。
ワンカップ大関の香りとの事です。
少し箱の中の臭いを嗅いでみましたが、いつものお線香の香りもしないですし、
たとえぱ酒かすのような香りもしないのですが、どんなでしょうか?
お供えするので、今すぐにはわからないですが、不二家のキャンディのお線香なども
あるみたいですので、たまには変わったお線香で変化があるのも良いかも知れないですよ。思ったより小箱で量が少ないのが難点かなと経済的ではないですけどね。

IMG_0567

先祖供養を終わらせる墓じまいの方法とは?

最近では墓じまいをする人が増えてきました。
経済的負担が原因というだけでなく、墓守をする承継者が途絶えてしまうことが理由となることも多いです。
先祖供養を終わらせるために墓じまいをしたいという場合、その方法を知っておく必要があります。
お墓の中には遺骨がありますが、誰の遺骨がいくつあるのかということを確認しておきます。
経過した年数や破損などの状態、火葬してあるかどうかなども確認しましょう。

□取り出した遺骨はどうするの?

取り出した遺骨は納骨堂や永代供養、散骨、手元供養などで供養することになります。
実は親戚同士の争いが起こってしまうことも多いため、親族としっかり話し合って納得できる供養先を見つけるようにしましょう。
手続きをする前に祭祀承継権の確認をし、親族の理解をしっかり得ておく必要があります。
お墓や遺骨に関する権限は祭祀承継者が全て持つことになります。
祭祀承継権は遺族全員である必要はなく、話し合いなどで承継権を持つ人を決めていきます。

□墓じまいには連絡が必要

次に現在の墓地管理者に墓じまいをすることを伝えることになります。
墓地はお寺や霊園などにあるため、電話などで連絡しましょう。
専用の書類が用意されていることもあるため、ホームページで確認しておけば便利です。
厳格なお寺などでは高額な料金を請求されることもありますが、ほとんどの場合は問題なく受け入れてくれるでしょう。
しかし、お寺も経済事情が絡むため、金銭面の話し合いは必要となります。

□改葬許可申請

遺骨を新しいお墓や納骨堂に移動させる場合、改葬許可申請が必要です。
受入証明書を発行してもらい、墓地を管轄する市区町村で手続きを行いましょう。
その申請書を現在のお寺に提出すると墓じまいの準備ができます。
散骨や手元供養の場合は新しいお墓はないため、改葬手続申請は必要ありません。
お寺や霊園にその旨を伝えて遺骨を引き取りましょう。

□墓石屋に依頼

お墓を撤去するためには墓石屋に依頼する必要があります。
自身で業者を決めても良いですが、敷地の狭いお寺などは業者が決まっていることもあります。
墓地が狭くクレーン車が横付けできない場合や小型の重機が入れない場合は人件費が高くなります。
複数の業者に見積もりを出してもらいましょう。

□最後に

お墓の中にあった遺骨はいろいろな処置が必要となります。
湿気を含み溶解していたり、カビが生えていることもあるため、新しい骨壺に入れ替える必要などがあるでしょう。
合祀の場合は処理は不要ですが、散骨の場合は遺骨を粉状にすることになります。
また、遺骨を火葬していない場合、取り出した遺骨を自宅などで一度保管し、市役所に申請をしてから再火葬を行います。