故人の遺骨を手元供養する際の種類についてのご紹介

皆さんは手元供養についてご存知ですか?
最近はお墓を建てられない方や、お墓が遠くて行けない方、故人を常に近くで感じながら手元で供養をしたいという方も増え始めています。
そのため、手元供養にする方も少なくありません。
しかし手元供養には様々な種類があるため、迷ってしまう方も多いのではないのでしょうか。
そこで今回は、手元供養にはどんな種類があるのかをご紹介していきます。
現在、手元供養を検討中の方や興味がある方は是非参考にしてみてください。

□手元供養の種類について

手元供養といってもさまざまな種類があります。
ここでは、種類についてご紹介します。

*骨壺

故人の遺骨の一部または全部を骨壺に入れて自宅の仏壇などに置いておくタイプです。
火葬用に使用される骨壺には、決まったサイズがありますが、分骨の場合のミニ骨壺には決まったサイズはなく、デザインや材質も様々です。
例えばガラス製で花柄のデザインが施されたものや陶器でできた和風デザインのもの、金属製でパステルカラーの可愛らしいものなど枚挙に暇がありません。
大切な故人との時間を一番思い出しながら供養ができるデザインのものを選ぶと良いでしょう。

*アクセサリー

遺骨の一部をペンダントや指輪などの中に入れる方法です。
アクセサリーにすることで、骨壺とは違って常に身に付けられ、近くに故人を感じることができます。
ペンダントや指輪以外にも、ブレスレットやブローチなどのアクセサリーにすることができ、材質も多くのものがあります。
例えばステンレスやシルバー、高いものではゴールドやプラチナも存在します。

*遺骨自体を加工

遺骨を加工してダイヤモンドにしたり、粉末状にしてガラスに練り込んでペンダントなどのアクセサリーにするという方法もあります。
また遺骨を真珠にするという方法もありますが、自然条件に左右されることもあり、きれいな形になることが稀であります。
事前に確認しておきましょう。

□まとめ

今回は手元供養にはどんな種類があるのかについてご紹介してきました。
遺骨の全部または一部を骨壺の中に入れて自宅に置いておく方法やペンダントや指輪などのアクセサリーの中に入れる方法、遺骨自体を加工してアクセサリーにする方法がありましたね。
様々な供養の種類がありますが、どれも大切な故人に思いを寄せ供養する気持ちは同じです。
ご遺族で話し合ったり故人の気持ちを考えて、皆さんが納得できる供養の方法をお探しください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>