耐震納骨堂「SHIN」

耐震納骨堂「SHIN」を再度ご紹介させて頂きます。

 

昨今納骨堂の需要が高まり、注目を集めていますのが耐震納骨堂「SHIN」です。

 

ステンレスフレームを主要部で構成することにより、従来ある石製納骨堂の地震による倒壊のリスクを回避した、安心・安全な

納骨堂「SHIN-シン」は、厳しい構造計算書(強度証明)をクリアし、建築確認申請にも対応しています。

 

組み立てもステンレスフレームに石の壁板を嵌め込んでいくだけで、コーナーボルトは一切不要であり、安心、安全に施工ができ、非常に喜ばれてます。

 

また、デザインも屋根・外壁・前小物・カラーなど組み合わせて選んで頂く設計になっている為、多種多様のデザインにも対応しております。

 

是非一度、耐震納骨堂「SHIN」をご参照下さい。

 

http://ectrade.co.jp/shin.html

 

f:id:ectrade:20180928194138j:plain

 

耐震納骨堂SHIN-シン-

淵上です。

 

今回は岐阜県大垣市の有限会社早崎石材店様に納めさせて頂きましたステンレスフレームを使用した耐震納骨堂SHINを

 

ご紹介をさせて頂きます。

 

場所は岐阜県羽島市の永明寺様になります。

 

施工自体は基礎からステンレスフレームの設置、石材部品の据え付けまで大きな問題もなくスムーズに出来たと早崎様に言って頂きました。

総石作りの納骨堂のようにアンカーの打ち込み作業や耐震棒の入れ込み作業もなく、今回の耐震納骨堂SHINは耐震ステンレスフレームに板石を上からはめ込んでいき、最後に屋根を載せるだけの簡単な施工となっております。

 

それでは出来上がりました耐震納骨堂SHINをご覧ください。

 

f:id:ectrade:20180928194310j:plain

f:id:ectrade:20180928194323j:plain

f:id:ectrade:20180928194346j:plain

f:id:ectrade:20180928194403j:plain

f:id:ectrade:20180928194419j:plain

f:id:ectrade:20180928194426j:plain

使用した石種はG663と全面の銘板をニューインペリアルレッドで仕上げた耐震納骨堂SHINになります。

 

今回の案件以外にも多数のご注文頂いている分も出来上がり次第、随時UPしていく予定です。

 

今後、納骨堂をお考えの方、また少しでもご興味を持って頂いた方はお気軽に弊社までお問い合わせください。