納入実績

㈱マルハチ 様の納入実績の写真の紹介をさせて頂きます。
隙間なく、お掃除が簡単なので人気の現代墓石 和墓 納骨蓋型です。
ご興味がありましたらホームページをご覧ください。

マルハチ 現代墓石 - コピー

デザイン墓「未来墓®」が人気です

弊社オリジナルのデザイン墓「未来墓」が非常に人気になっています。

様々なお客様のお気に入りのデザイン墓「未来墓」を見つけて頂けるように、多種多様なデザインや石の組み合わせなどにより、モダンでお洒落なデザインになっております。

お客様の個性を引き立てる弊社オリジナルのデザイン墓「未来墓」は、デザインはもちろんの事、細かな設計にも気を配りバリアフリー設計やベンチの設置、お墓参りでのお掃除のしやすさなども考慮し色々なデザイン設計をしております。

デザイン墓「未来墓」は心が和み、時が経ても色あせない「これからの未来をかたちに」との想いから生まれました。

皆様に明るい気持ちで美しデザイン「未来墓」のもとで、大切な人といつまでも思いを語り合えるおはかまりに行きたくなるようなお墓に成ってほしいとの願いが込められております。

大切なのは思い出。お墓は心のふるさとです。

ショウルーム完21-_R

ご興味がありましたら、弊社ホームページまで宜しくお願い致します。

デザイン墓「未来墓®」
http://ectrade.co.jp/mirai.html

デザイン墓「未来墓プレミアム®」
http://ectrade.co.jp/mirai_p.html

納入実績

納入実績の、ご紹介をさせていただきます。

増谷石材工業 株式会社 様
未来墓® 慈愛

「未来をかたちに、お墓参りに行きたくなるお墓」未来墓®です。
他にも多数、納入実績をご紹介させていただいておりますので、是非ご覧ください。
http://ectrade.co.jp/jisseki.html

0611

未来墓 納入実績

株式会社マルハチ 様の納入実績の写真の紹介をさせて頂きます。
未来墓 希望タイプです。 
未来墓はデザイン性の高い品を各種取り揃えております。
ご興味がありましたらホームページをご覧ください。
施主名無し マルハチ 希望

ペットのお墓・ペット供養「ペトボ」

「いつまでも、ペットと暮らす。」をコンセプトに、ペットが亡くなった後でもいつまでも、好きな場所、好きな時間、好きだったペットにいつでも語り合えるペットのお墓です。

ペットのお墓・ペットの供養「ペトボ」はフォトフレーム・納骨機能付きペットのお墓で、いままで撮りためたとっておきの写真を簡単に飾ることができ、付属の骨壺にペットの遺骨の一部や、遺骨の他にも想い出の品等を入れてお使いいただけます。

ペトボの下部から納骨することができ、お手持ちの骨壺※をご利用いただくこともでます。
(※骨壺はΦ75mm×105mmのサイズまで収納することが可能です。)

ペットのお墓ペトボは、ブロックタイプとカバータイプがあり、ブロックタイプはアクリルと石で写真を挟み、カバータイプは石と写真をアクリルで覆う作りになっています。

ペットの写真は、ペットの名前や装飾など自由な発想で、お客様オリジナルのペットのお墓「ペトボ」をより美しく引き立てることも可能です。

ペトボブロックタイプとカバータイプはどちらも非常にコンパクトで、どのご自宅でもインテリアに溶けこむモダンで、シンプルなデザインとなっています。

是非、ご興味がありましたら下記のページをご覧下さい。

ペットのお墓・ペット供養「ペトボ」

ペトボ ブロックタイプ・カバータイプ

ペットの墓 ペトボ

緑が深まる

怒涛の10連休が終わり、5月も後半となりました。
少し汗ばむ気温となり、衣替えも終わり、夏が近づきつつあります。
緑が深まり、風が吹くと心地良く感じられます。
ひんやりとした水の冷たさも、清々しいです。
梅雨に入るまでの、この爽やかな季節を満喫したいと思います。
0521

夏に向けて寄せ植え

 今年も夏に向けて、冬の間ほったらかしにしていた植木鉢の植え替えをしました。
先日行った美容院のお店に飾られてあった寄せ植えがとても素敵で、どうやったらそんなに素敵な寄せ植えが作れるのか聞いてみました。
業者さんにお願いしているらしいのですが、注文する時に雑草みたいな感じでと伝えているとのことでした。
近所のホームセンターに行き、お花を選びましたが、値段とか好みとかが同じになってしまって、昨年とあまり変わり映えしない寄せ植えが
出来ました。少し残念な結果です、もう少し勉強しないといけないですね。
ブログ2019.5.20

令和元年「未来墓」がおすすめです。

新元号「令和」が発表され、この業界も嬉しいことに大変忙しくさせて頂いています。

竿石の字彫りなど新元号が発表されないと彫れない事や、終活など一般化してきため、弊社ブログにも何度か記載させて頂きましたが、生前にお墓を建てる寿陵墓など令和元年に建てたいためか非常に忙しくなっています。

特に弊社オリジナルブランド洋墓の「未来墓」が非常に人気が高く、お客様にも喜んで頂いています。

「未来墓」は、様々なデザインで機能的な設計になっているため、多くの方が選ばれています。

機能的な設計には、お掃除がしやすい事や、バリアフリーやベンチなどの設計がさせているため、お墓参りに行きたくなるようなお墓の設計になっています。

是非、令和元年 お墓のデザインで迷われている方や、寿陵墓をお考えの方に「未来墓」がおすすめです。

未来墓
未来墓バナー

未来墓プレミアム
未来墓プレミアム バナー 473x133px

墓って本当に必要?墓の必要性についてご紹介いたします!

「地元に墓を建てると墓参りを子供が面倒臭がるから、墓いらないかも…」
「墓参りしないで済む方法はないのかな…?」
このように墓についてお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そして、費用や時間を要してしまうために墓の必要性について懐疑的になってしまう方も今日では多く存在しています。
そこで今回は、墓についてお悩みや疑問をお持ちの方に向けて、墓の必要性と遠方の方が墓参りできない場合の対策についてご紹介します。

□墓の必要性

昔から、先祖の死後の住処として墓の存在は重要視されてきました。
先祖へ感謝を捧げるとともに対話をする場所としての墓が存在しています。
それに加えて、法事の際に親族が集まる場所としての役割もあります。
しかしながら今日では、墓を作る費用や墓参りに行く時間を割くために墓の必要性に懐疑的な方も増えています。
一方で、墓参りを行う慣習を後世に残したいと考える人もいるかもしれません。
そのためには時間や費用と墓を作ることの兼ね合いを考え、墓の必要性について認識することが大切です。

□墓と時間や費用との兼ね合い

今日において墓の必要性に懐疑的になる理由の一つとして、遠方であるために時間と費用を割くことが難しいことがあります。
その対策を考えることで、この悩みを解決できます。

*対策1:永代供養

永代供養とは、墓参りで行う管理や掃除を霊園や寺院に費用を払って、代わりに行ってもらうものです。
永代供養のサービスは、永久に渡るもののではなく実際には期限が定まっています。
その期間は、霊園や寺院によって異なる定められた回忌数までです。
多くの霊園や寺院は期限を迎えた後に合同の供養墓へと移すので、不安を覚える必要はありません。

*対策2:墓参りの代行

墓参りの代行は、永代供養と同様のサービスを業者に行ってもらうものです。
永代供養が一定期間の依頼であるのに対して、墓参りの代行は自らの希望する日程で行います。
そのため、費用の面では非常に永代供養よりも低く抑えられます。
そして、毎年墓参りをしているが今年のみ困難である場合に非常に有効です。
つまり、自らの都合に柔軟に合わせて行っていただきやすいサービスです。

*対策3:手元供養

手元供養とは、自宅で故人の遺骨・遺灰の管理を行うものです。
かさむ墓石の製作費や管理費を抑えるための手段として今日では非常に注目されております。
また、遠方への墓参りを行う必要がないことや手短に供養できることもその特徴です。

□まとめ

今回は、墓の必要性と遠方の方が墓参りできない場合の対策についてお話しいたしました。
今日の墓の必要性を軽視は、その理由に着目して対策を練ることで解決を図れます。
万が一、遠方であるために墓参りが難しい場合は、永代供養や代行サービス、そして手元供養を考えてみてはいかがでしょうか。

寺院?サポート?「墓地」と「霊園」の違いについてお話しします!!

「お墓を建てる必要があるけど、どっちに建てるべきなのかわからないな…」
親族が亡くなった際にお墓についての話題が上がり、「墓地」と「霊園」という言葉を耳にします。
その際、「墓地」と「霊園」の違いを知っていると、お墓を建てるべき場所を明確にできます。
今回は「墓地」と「霊園」の異なる点についてお話しいたします。

□「墓地」と「霊園」の相違点

「墓地」と「霊園」の共通点は一定の土地に複数のお墓が建っていることです。
しかしながら、この点以外では大きく異なります。

*その1:運営・管理

「墓地」と「霊園」では運営・管理が異なります。
「墓地」は、寺院が運営・管理を行います。
それぞれの寺院が独立して運営・管理を行う形式です。
「霊園」は、存在の形態が「民営」と「公営」の二つに分かれます。
「民営霊園」の運営・管理は、宗教法人や公益法人が行います。
一方で「公営霊園」は、自治体である都道府県または市町村が行います。
また「公営霊園」は「民営霊園」よりも管理費や使用料が低いため、抽選になるほど人気が高い霊園もあります。

*その2:宗派の縛り

「墓地」は寺院の宗派の制約を受けます。
寺院には「檀家」と呼ばれる制度があるからです。
寺院の墓地にお墓を建てるには家がお布施を通じて寺院に所属しなければなりません。
しかしながら今日では、「墓檀家」と呼ばれる寺院の檀家にならずにお墓を寺院内に持つことができる制度もあります。
そして「霊園」は、お墓の設置を行う際に宗教や宗派に拘束されません。
「霊園」は、「墓地」における檀家制度が現代のニーズに見合わなくなったためにできたと考えられています。
キリスト教を宗派とする人や無宗教の人がいるように、宗教に対する考え方の多様性を垣間見ることができる現代における特徴的なお墓のあり方です。

*その3:サポート

「墓地」では檀家制度に基づき所属する家が寺院の運営を支えています。
その対価として、手厚い供養や法事の手続きに関する相談の対応を寺院から受けることができます。
しかしながら、「墓地」ではそのようなサポートはありません。
法事に関しても、自らで段取りをする必要があります。

□まとめ

今回は、「墓地」と「霊園」の違いについてお話しいたしました。
宗教による拘束やサポートの点で大きく異なります。
また「霊園」においても、「公営」と「民営」で異なる点があります。
お墓を建てる場所でお悩みの方は、今回お話ししたこれらの違いに着目してみてはいかがでしょうか。